∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

ヨコに魔法をかけられた紅白

みなさま、
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨日は紅白からのカウコンを楽しみ
朝からまた紅白からのカウコンをリピして
とても穏やかな年末年始を迎えています。

紅白はいつも以上にアットホームさを感じましたが
全ては総合司会のウッチャンの人柄と
ニノのアイドルとは思えない落ち着きと
小憎らしくも可愛さもある進行のおかげでしょう。
かすみちゃんの意外な肉感スタイルに度肝抜かれましたが
何より時折出てくる三津谷さんを心待ちにもしてしまい
後半前の三津谷さんからのニュース振にクスリともせず
ニュースを読み切った鈴木アナウンサーにも惚れ惚れしました。

関ジャニ∞の登場はオープニングのあのオシャレな映像の中でも
特にカッコよかったように思うのは贔屓目ではないでしょう。
オリンピック閉会式で活躍された皆さんの作品だと思いますが
ぜひ東京五輪でもこんな風に
さりげなくエイトを入れ込んで頂ければと願ってやみません。

ダンサーの後ろから堂々と出てきたエイトは
やたらと亮ちゃんが照れて嬉しそうだが
左右のヨコヒナはそのダンサーさんを避けなければならず
特に左のしんちゃんはダンサーさんの羽に
ちょっぴり行く手を阻まれる様子が見て取れました。

でも7人が1列に並んだ姿は壮観でオシャレすぎて
一瞬の戸惑いが生じたのも
後々のロビーから会場を走ると聞いていた
エイトの出番の演出への不安のせい。
エイトが楽しいならそれでいいと思ったはずなのに
やはり一度ついた印象はぬぐい切れていませんでした。

なのによ、メンバーカラーを全く無視したスーツ姿で
見ているこちらを混迷させる技を繰り出しながらも
ロビーから「皆さんを巻き込みながら元気を届ける」
というエイトは私の不安をあざ笑うかのようにかっこいい。

通路を走り、皆さんに絡みながら歌うのは
普通ならやかましさだけが映るはずなところ
わちゃわちゃさえもスマートなのは積み重ねたアイドル力。
絡んでくださる方をリスペクトしつつ
きちんと歌も歌えている。

後から思えば坂本冬美様の歌のためのスタンバイで
裏に沢山いらっしゃった皆さんだったのだが
後輩くんたちもノリノリで嬉しいではないか。
トークしているバナナマンさんとも絡めた。
普段ファンサが薄めな忠義さんですら
NHKホールでは客席にまで手を伸ばして感謝を表現し
エイトが駆け抜ける会場が一体化している。

普段ではどちらかといえばその役目ではないためか
審査員席の皆さんにタッチするしぶやんも照れてるし。
でもそこでさりげなく息を整えて
ソロを歌い切る歌唱力は今年も誇らしい。

そして待ちに待ったヨコをセンターにした最後の振り。
私がディズニーの「ファンタジア」と呼ぶその振りから
アイドルが持つ輝きが放出され
まさしく魔法をかけられた。

万一「ファンタジア」をご存知ない方がいらっしゃれば
せっかくなのでこちらの動画をご覧ください。
その後ヨコを見たらもうミッキーにしか見えないよ。


ディズニー映画『ファンタジア』より「弟子の目覚め~魔法使いの弟子」

エイト以外ではコナン好きな私にとっては
NHKで新一が蘭ちゃんに告るロンドンのシーンが映って
少し休まれるという青山先生へ思いを馳せたり
大知くんのパフォーマンスが素晴らしかったり
松たか子さんの歳の重ね方にうっとりしたけれど
何と言っても安室ちゃんの神々しさには声も出なかった。

でも私なんかがコメントできないな。
もう安室ちゃんとファンの皆さんが
少しでもいい時間を過ごして欲しいと思うだけです。

やだ、カウコンの感想も書こうと思ったのに
ファンタジアの映像貼っ付けたりしたので長くなりすぎた。

とりあえず紅白の編集するのに
三津谷さんを全残ししようとしている私は
「キッサのコ氏」と呼ばれたいこの思いを
どこにやればいいのか、戸惑っています。