∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

うっかりしていた201∞年

待ちに待ったアルバム発売とライブのお知らせ。
2008年がスルーだったからだろうか、
今年が201∞年だったとはうっかりしていた。

www.infinity-r.jp
アルバムタイトルも「GR8EST」(グレイテスト)。
エイトって言葉、うまいこと入れられるもんだな〜
なんて感心していてこちらもうっかりしていたが
ここへきてベストアルバム発売とはやられたわ。

だがここからは正直な気持ちも含めて書かせていただくが
あおっぱな以降のMVが特典としてつく「完全限定豪華盤」は
毎度全種類のシングルを購入しているファンにとっては
ほぼ持ち合わせている曲と映像に¥8,000はめっぽう高い。
それならMVになっていない曲の映像をくれ、という声が
ネットで回るのも致し方ないだろう。

もちろん新しく収録したスカパラ様との無責任と
私が大好きなもじゃもじゃ頭の葉加瀬太郎様とのロマネはもう
文字を見るだけで楽しみで豪華版の名にふさわしく
そのための出費は出し惜しみしないつもりだが
なのに「めっぽう高い」だなんて発言する私は
ファンとしてどうかしてるぜ。

しかも「8」縛りで¥8,000なんちゃうかと
うっすら思ってしまう始末だが
でもそうか〜「8」ならしかたないや〜
とも思うほどにエイトを愛してもいる。

「201∞限定版」には
「エイトイヤーを象徴するコンセプト映像を収録」だそうで
これを最も楽しみにしそうにもなっているが
でもなんだろう、どんな映像だろう、ワクワクしちゃう。
↑結局全てが楽しみで仕方がない

そもそもベスト盤が出せるというのは
それだけたくさんの素敵な曲を世に送り出し
これを機にエイトの曲をまとめて手に入れる方もいて
エイトに魅了される人が広がるということなのだ。

さぁ、しのごの言わずに201∞年を祝い、
買おう、セットで。


そしてこのアルバムを引っさげての
ライブ「GR8EST」が始まる。
残念ながら新曲は今後出るであろうシングル以外なさそうだが
その分、エイトらしさ満載のライブに期待したい。

www.infinity-r.jp
年末年始の印象だったライブは完全に夏へと移行したらしいが
作夏も経験したあの蒸し器のようなドームの中へ
みんなで入ってバカになろうゼ。

まずは、4月中旬以降に来るらしい
ライブ申し込みに挑まねば。