∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

村上信五への愛情は年々増すばかり

しんちゃん、お誕生日おめでとう!!💕

いつも本当にありがとう。
しんちゃんがいるから番組が成り立ち
みんなが安心して好きな表現できます。
関ジャニ∞の新しい扉も開きます。

昨年は大好きなすばるがグループから離れ
メンバーとしても友人としても
辛い思いをしたことでしょう。
だけど会見では冷静な感想を述べるにとどまり
番組ではいつも通りの進行してくれたから
私たちも落ち着いて関ジャニ∞としての
彼の最後の姿を見ることができました。

誰よりも涙もろくて感情豊かなのに
常にプロとしてバランスをとることに
もう尊敬の念しかありません。

だけどね、いつも言ってるけれど
本当は進行に専念するのでもなく
みんなと同じように楽しむ姿も見せて欲しい。
時に、一般の印象を自分のキャラとして受け入れ
自虐的に面白く言い回す姿は
しんちゃんを大好きな私たちにとって
苦痛に思える時間となるのです。

でもその時間を過ごせば過ごすほど
本当のしんちゃんの魅力はそんなもんではないと
私たちの思いは強くなる。
ライブでの大量投げキッスも照れ隠しとして受け入れ
こちらはそれ以上に熱い眼差しで
見つめてしまうのです。

そう、キャラに徹しようとしても逆効果。

本当に見たい村上信五はこんなだとか
村上信五はこんなこともできるんだとか
自分たちが知っている村上信五を求めて
いつまでも満足せずに追い求めてしまう結果、
しんちゃんへの期待は年々膨らむばかりなのです。

もちろん進行のお仕事は
これからも技術と信頼を積み重ねていくことで
今後も求められてもいくことでしょう。
ならば、だからこそ、私たちも本当に見たい村上信五
貪欲に求めていきたいと思います。

それはヤスを心配してそっと背中を支えたり
暴れすぎないように首根っこ捕まえている様子を
TV画面で垣間見てしんちゃんらしいと思うのでも
すばるを引き止めたくて「嫌や」と叫んだというのでもなく
もっともっと自分勝手で自分のことだけを考えた
自分のやりたいことをやる姿です。

そう、イフオアのような。
自分のやりたいことを自分でやり遂げたイフオア。
そしてそれを映像化して私たちの手元に届けてくれるまでの
全てが優しかった、そんな村上信五です。
そしてそれが自分勝手にできるだけの全てを
もう持ち合わせていると思うのです。

俳優だとか何だとかもうこちらが具体的に言わなくても
きっとしんちゃんの中であるはずのやりたいことを
何でもいいから気持ちよく全力でやれればいい。
うまく言えないけれどいつもそんな風に思っています。

しんちゃん、お誕生日おめでとう。
今日も、そしてこれからも
あなたをアイドルとして愛している私たちがいることを
いつも感じていてね。