∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

現実は時に厳しく悲しいけれど、全ては自分次第

今日は十五祭の当落の日でしたが
皆さんご無事にお過ごしでしょうか。
とりあえず私の周りの雰囲気だけですが
かなり厳しい結果だった印象です。
実は私も凹んではおりますが
全く行けないわけではないので気持ちは保ちつつ
このブログを書いているところです。

少しでも皆さんのところに
素敵なお知らせが来ていますように!!


当落と共に、気持ちがモヤンとして凹んでいるのは
昨日ニュースで知った田口君のことも無きにしも非ず。
ショックだったし驚きもしたけれど
なんか「そっか…」と受け入れた後に
こう、なんというか、体の中にうねうねが渦巻き
そのまま渦に巻き込まれて過ごてしまいました。

こうゆうのって知らされる世間にとっては突然なだけで
本人にとっては積み重ねてきた日常の先にある現実で
ファンや友人は裏切られたような気持ちになるけれど
どれもが彼にとっては真実で現実だったんだろうなと
背筋を伸ばして車に乗る姿を見て思いました。

いつからどんな風だったのかは
これから明らかにされるだろうけど
何が原因にしろ回避できなかったのは弱さでしかない。
グループを離れて人生を見つめなおしたはずなのに
一体何がやりたかったのだろうと不可思議にも思うけど
その不可思議さも弱さだったのかな。

切磋琢磨してきたエイトの友人として
彼を見ていた部分もあるのでとても残念でならないし
「元ジャニーズ」と言われて巻き込まれるのも悔しいけれど
新しい時代に一歩踏み出すためにも
悪いことは膿として出てきたんだと思えるように
そして新しい時代の大人キラキラなジャニーズを
6人のエイトが元気に見せてくれることを願ってます。

当落も現実。
悲しい事件も現実。
だけど、そっから逃げずに
どれだけ楽しめるかは自分次第だ。

永遠はないってことを改めて肝に銘じて
めいいっぱい楽しんでやりましょう!!

 

さて、また今日も今から東京出張行ってきますー。