∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

マル、京セラで天橋立する (大阪2日目レポ含む)

ライブネタバレ含みます。
ご注意ください。

いよいよJUKE BOXオーラスになりました。
楽しみにしていた3日間が終わってしまう寂しさと
今日のライブの楽しさとで身体がむずむず。
オーラスは一緒にいけないけど
これまでに一緒に参戦したお友達の分も
めいっぱい全力で楽しんできます!
↑私信すみません

これが終わると燃え尽き症候群になりそうですが
今日は正午で閉め切られた男気対決結果も発表されるし
ここから10周年も始まっているわけだし
勝手に燃え尽きとる場合じゃないか。

しつこいようですが1部だと思っていた
私の入った2部では最後の最後に男気を取り戻し
狩人が狩衣装に戻っていましたが
なぜだろう…物足りなさを感じてしまうのは…
もはや彼らに男気を求めていないかったからなのか…

イヤ、やはり前日にみたヤスのスクール水着
すばさんのチアガールで言う「ファイッ」の破壊力が
抜けなかったせいでしょう。

そして、やはり安定のビーストの威力はすごい。
毎回ビースト後に一度私の集中力が切れるんです。
狩のVTRはほぼほぼ見ていません。
なんなら、ふんどしひらひらなまま去って行く
侍戦士バルーンを名残惜しく
みつめてしまいますもの…

今回はマルのふんどしになる瞬間を
少し後ろから完全ロックオンで見ましたが
マルのお尻はツヤツヤ。
みんなのタイミングより早くに「ふぅぅ!!」と
奇声を発しちゃっちゃよ。

バクステに去って行くときは
亮ちゃんがお尻ぺんぺん叩きながら高速移動してたね。
しんちゃんの安定した姿ももはや
ふんどしを履く男子の象徴になってもいいくらいよ。

そしてバクステで3人がプシューと吹き出た煙の中で
ふんどし一丁で腰を振ったりたわむれたりして
自由に表現する侍戦士。
普段から自由すぎるマルは完全ドフリー。
バクステでお尻を突き出し、足の間から顔を出す体制。
それはまるで天橋立でやる股のぞきの体制。
バクステのエイター達がまるで
空と海が逆転し天に昇って行く橋のように
マルには見えたことでしょう。

そんな素晴らしい体制なのに「肛門ー」と
京セラドームの数万人の前で言ったマル。
しかも昨日はべーさんことつるべ師匠もいたのに。

肛門て!!

大画面にマルのツヤツヤお尻が
ドアップになったやないの!!
完全に桃やったよ!!

DVDに映像化してくれなかったら
暴れるで!!

その前にオーラス京セラで暴れて
大バカになってきます!!
今、既にセトリ聞きながら半泣きです。

せーの、
ウエッサーーーイ!!


応援して下さりありがとうございます。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング


Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。