∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

ヤス、気まずいチンピラペアにからまれる

ジャニ勉、モロ師岡さんの続きです。
スバクラヤスに「引き受けたらあかん」と
叱られたモロさんの一人舞台のオチを
実演しながら当てるクイズ。
みなが避けるなか、丸山隆平という勇者が現れ
クイズは不正解なるも番組を救ってくれて
めでたしめでたしと思いきや
「これで終わりじゃないですよ」という
しんちゃんから2問目のお知らせ。
 
「ええーー??」と明らかに嫌がる
忠義さんの声とかぶって
「よっしゃーー!」と張り切る勇者の声。
勇者って怖いもの知らずで無鉄砲なものなのね。
 
今回のクイズは「9回裏2アウト満塁の
ピンチに立たされたピッチャーが
投球途中に家の鍵を閉めたかどうか自信なく、
最後の一球を投げる」という一人芝居。
 
誰もが答えを思い出せずに悶々としていると
「ハイ」と静かに手を挙げたのは
勇者丸山ではなくまさかの忠義さん。
驚きすぎたしんちゃんは思わず
「どぉぉぉぉ」と半笑い。
 
「再現はできないかもしれないけど」と
一人芝居再現には自信なさげなるも
忠義さんは鍵を閉めた覚えがないが
今かけてしまえー、と投げる寸前に
手をくりっと回してカーブをかける、という
オチを見事表現すると
「こっちの方がオチがいい」とモロさんが大絶賛。
 
正解は、
「考えて一旦止まって投げたもんだから
ボークでサヨナラ負け」というストレートなオチ。
「なんか、大倉の答えの方がキレイだった」
という失礼なヨコの一言で
コーナーが終わりました。
 
そして、この日一番のあたしのお気に入りは
山田が司会するお値段丸ごとハウマッチ。
いつも(失礼ながら)グダグダな進行な上に
マルが予想した値段より上か下かをクイズにするのに
気弱なマルが毎回メンバーに言動を読まれて
負けてしまう、という悲しいコーナー。
 
この日はフィギュアスケート靴の値段を当てるのに
マルの設定金額15万円に対し、
スバリョウ以外全員は下だと予想。
上だというスバリョウにヤスが
「渋やんと亮は?(なんで上だと思うの)」と聞くと
どっちに聞いてんの?」とすごむ亮ちゃん。
 
「えらい二人にからまれたで」と嬉しそうなヨコ。
確かに、斜に構えて立つ二人の出で立ちは
まさにちんぴら。でもどこか恥ずかしそうな二人。
 
「じゃ、渋谷さんの方から」とヤスが言うと
なんで俺ちゃうねん」と怒る亮ちゃん。
「じゃぁ錦戸さん」とヤスが言うと
おれわいやぁ(俺は?)」とからむすばさん。
 
面倒くさくなったヤスが
「もう一緒に(二人で)言って」と苦笑いで言うと
「そんあTVあるかい!」と言うすばさん。
 
「Hight」のスペースに二人きりで立っている時点で
既に二人が恥かしそうでソワソワしていたのよね。
二人きりで同じ意見でいるのに落ち着かず
ちんぴらコントでかしか逃げ場がなかったのね。 
亮ちゃんのすばさんへの想いは強く、
すばさんの亮ちゃんを認める想いも果てしなく深い。
そんな二人、愛情表現が下手な似たもの同志なのが
「気まずいペア」と言われる所以。
 
マルの反応を見ようと忠義さんが
「値段聞いた時どう思った?」と聞くと
「「高っ」と思った♪」と嬉しそうに答えたマル。
 
とたんにみんなが
「そんな単純じゃないぞってとこを見せたんやな」
「正解言えるほど度胸も無いしな」と
一斉に設定金額より下だという「Low」に決定。
マルは焦るし、ヤスに叩かれてるし、正解かと思いきや
なんと、15万円より高い「Hight」で
見事みんなをだましたマル!
 
すごい!すごい!とヤスと抱き合っていたが
冷静に考えたら嘘をついたわけでもなく
単純に反応しただけだったことにみんなが気づいた。
 
結局はマルって小細工できない良い子なのよね。
 
金男メイキングに
気まずいチンピラコント、入ってないかなー♪ 


応援して下さりありがとうございます。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング


Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。