∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

「半乾き」

前に「妄想と下ネタの定義」とかいって
えらそうなこといって、じつわへっぴり腰でブログ掲載したら
みなさんから賛成のご意見も沢山頂き喜んでいたところ
偶然にもスバラジで下ネタコーナーがあり
毎度のことながらお風呂でぼんやり聞いていたら
すばさんが「今日の下ネタはアホやなーー」と笑い呆れつつ
下ネタは高級感があって高貴じゃないといけない」と
さらりと名言をはかれたんです。

それ、それよーーー。さすが師匠。
ただ面白がっていえば下品になるけど
高級感と高貴さがあればクールにオシャレに決まるのよね。

でもこの日の下ネタも大層面白かったんです。
スカートめくりが流行っていたので
「ノーパンだからやめてあげて」と助けるつもりで言った自分が
「ノーパン組長」と呼ばれるようになり、クラスのメッセージで
「ノーパンをつらぬいてね」とすっかり自分がノーパンだったことに
なってしまった話や
「金の玉を二つ買った方は袋に入れます」って
書いてある雑貨屋さんや
お店でお酒のメニューに「モッコリ」と書いてあるので聞いたら
ビールとマッコリを合わせたものらしく、他にも
フランスモッコリ、ベリーモッコリ等あって美味しかったとか・・・。

ね、充分面白いでしょ。

でも「今日はアホすぎる。雑すぎる」
「下ネタとはもっと高貴なものだと思う」とおっしゃったんですよね。

続いて科学の勉強で原子のことを
「原子くんと原子ちゃんが好き同志で結合する」と説明したとか
バトントワリング部の基礎練習で「腰振り」があり
「もっと振って」とあおられて腰振りすぎて痛いー、と言い合うとか
なかなかの粒ぞろいだと思っていたら
充分面白いけどイマイチ納得いかない様子の師匠。

下ネタはインテリすぎてもいけないし雑すぎてもいけない。
アホすぎてはアホで終わってしまう。下ネタとはやっぱり難しい。
自分が大人になっていってるから
簡単にエロさを感じなくなっているかもしれない。
もっと深いのが欲しい…と満足しない師匠。

確かにね。あたしのように乾いたアラフォー女も
「もうあたしは大人だからお子ちゃまの下ネタくらいじゃ
喜ばないわよ」と思っていたんだと思ってたもん。

そしてここでぶっこまれた「半乾き」。

これに大きく反応した師匠。これは下ネタですと大絶賛。
ナゼかわいていないのか、そしてなぜ濡れたのかを
考えさせられる。これぞ下ネタだと大喜び。
全てを説明してしまい
「あたしエロいねん」と言われても全然興奮しないが
相手に想像させ、考えさせる余裕が必要ってことらしい。

わかるわ、それ。例えば相手に質問する時も
YES・NOだけで答えるより、考えて言葉で言う回答の方が
いいって言うじゃない?1から10まで説明されるより
「半乾き」と一言言われたその先を奥深く考えることが
エロい行動であり、それが師匠の欲する下ネタってことよね。
深いわ…。勉強になります。

ですがこの日もやはりふつおたも面白かった。
「4月改編でスバラジ終わらなくて良かった、一度も読まれず
終了とか許せません。最悪パパの会社にスポンサー頼みます」
って大変高飛車な方とか
「風邪で寝込んでいたらお母さんが保冷剤を頭においてくれたら
それが冷凍餃子で、まさかの夕食も餃子だった」って
餃子パワーで風治した方とか
「ベリーショートにしたら瀬川瑛子さんのようになり
家族に大爆笑された」って方とか絶好調。

そうそう、風邪の話題からすばさんが
自分も風邪っぽいのに氷水に入ってその日から風邪が悪化し
腸炎になってしまってお手洗いから出られず大変だった…
という話をしていたのですが
すばさんが氷水に入るて!!最近入ったってことは…
…思い当たるお仕事は二つ…

もう30歳すぎたおっさんだから
くれぐれも無理させないでください…。


応援して下さりありがとうございます。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。