∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

関ジャニオチョ

先週のジャニ勉でとうとう
安田系と保田圭が出会いましたよ。
タコヤキが無ければ同じ苗字程度ですが
何だろか、ちょっとした感動があります。
とはいえ「「こっち系」という歌詞を
「安田系」って替え歌したらヨコが
保田圭」だと思っていた」
なんて説明は一切ありませんでした。
 
ですがあたしの変換は「ヤスダケイ」
と打つと「安田系」になるほど
こちらの方がポピュラーです。
 
とにかく女性ゲストに対して
何かとわかりやすい亮ちゃん。
最近笑うと痛いらしい脇腹をさすりながら
新婚さんの幸せそうなお写真を
「コレ笑う写真じゃないの?」って
顔くしゃくしゃにして笑ってるよ。
 
笑うところじゃないと言われても
二人が幸せそうにポーズとってるのが
どうしても面白いらしく
「だって二人でこんなことしてんねんで!?」
と大爆笑。途中から悪いと思ったか
「そっかそっか…慣れます」と笑いを押さえて
大真面目な顔。
 
なのにすぐに海外での結婚式の
写真が出てきてヨコにおちょくられ
すばさんが「見てみ」と後ろ指差すと
「この写真ずっとでてたん?
見たらアカンかった!!」とまた大爆笑。
亮ちゃん、失礼だけど面白すぎる。
 
さて今回の目玉はオチョダイエット。
「オチョ」とはスペイン語で「8」という意味で
アルゼンチンタンゴの基本である8の字の
動きを取り入れたエクササイズ。
関ジャニさんとは運命を感じておりました」
と言う進藤さんは俳優もされているだけあって
イケメン。だが怪しい。だがいい人そう。
 
だがやはり動きは怪しい。
腰を8の字に動かす「立オチョ」、
両手を胸の前で合わせて右左へ動かす
「お祈りオチョ」。必ずカウントして、
「8」の時にセクシーに「オチョ―」と言うらしい。
 
「オチョー」を言うのを嫌がるヨコスバに
胸の前に∞を作って前に出すしぐさでも
OKと言われるもしぶしぶやるヨコスバ。
ナゼだろう、キケンを察知しているのか
いつももう少しノリノリなハズだが
「立オチョ&お祈りオチョ」の合わせ技で
エストシェイプとバストアップするのに加え
「それぞれのオチョ」でいいと言われても
「8」へのカウントアップを恐れるエイト達。
 
すばさんはこれまで色んな人が来たが
一番怪しいと思っているらしい。
そりゃそうだ。他にも「オチョザイル」
「みんなで一緒にオチョもだち」等の
怪しいエクササイズがあるらしい。
 
しかも、最後にやった「阿波オチョリ」
両手を上げて手のひら返しながら
片手ずつを前後に揺らして
無理やり八の字風の動きだとこじつけ
肩こりや背中スッキリに効き目が
あるというではないか。
 
何度か練習したのち、
円になって盆踊り風に歩き出したエイト。
みんなちょっと嫌がりながら歩いている。
いやながらも言われる前から
練習して動かしていたヤスや
心なしか先生の動きが悔しげなマル。
美しい動きの忠義さんにくらべ
ふにゃふにゃなヨコ。

テンションあげさせるために
「はい楽しい」と声をかける先生。
なにより「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」
掛け声も始まり、超シュール。
でも超かわいい。

これを見てなぜか見たくなった
昔のやぐらダンス映像。
本当に終わるのか不安になったほど
いろはを歌い続けた映像もシュールだった。
どうやらこの手は間違いなく面白そう。

10周年。今やっても楽しいかも。ニヤリ。


応援して下さりありがとうございます。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。