∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

ネズミ小僧のシサン

ヨコがゲスト出演した
べー師匠の「スジナシ」を見ました。

あたし…昔…妻夫木君が出た回を
DVDで見た覚えがあるような
ないような…くらいの知識で
最終回て、どうゆうこっちゃ。

登場したヨコはブルーのパーカーに
パツ金前のええ感じの色合いで
色白が一段と生える美男子っぷり。
そしてべーさんと一緒の時の
年下なのにバリバリSっ気だす
独特の雰囲気がいいよね。

美術館を舞台にした即興ドラマ。
部屋の真ん中にケースに入った
宝石があってそれだけで思い起こさせる
プロローグオブパッチ。
ああ…マックが盗んだ宝石を
ジャッキーがすれ違いざまに受け取る
プロローグオブパッチ…ジュル…←大好物

あ、スジナシの話だった。

ヨコが先に美術館にいる設定で
後からきたべーさんに静かにあいさつ。
ぐるぐる部屋を回るうちに
べー「学生さんですか」
ヨコ「いや学生じゃないです」
というセリフから既にお互いマジ探り。

べーさんは北野武大英博物館
監督としてのリスペクトから回る時には
他の客をシャットアウトしてくれる、
という話をイメージして、美術館を
貸し切ってもらっている設定を推すが
ヨコはベーさんを「天下の鼠小僧の子孫」
である伝説の怪盗設定で強気推し

「あなたですよね、伝説の怪盗団」と
ちょっと意地悪で頭の良さそうなヨコの
ニヤリ顔がたまらない。

…でここまでは良かったの。
どうなるのかかなりワクワクしたの。
でもここからよ、二人の雰囲気が
どんどんあやしくなり、ヨコのセリフは
「楽してお金稼ぎたいんですよ」とか
雑に言ってるし、それ聞いてべーさんは
「オカメ(お金?)」とか噛んでるし。

ちょっとシリアスにしようと
「鼠小僧の子孫…」とつぶやいたのに
「鼠小僧のしさん…」とまた噛んだし…

よく考えたらこの二人、
かなりのカミカミペア。
だけど相手が噛むとそこをグイグイ攻め
Sッ気全開になるヨコがやや優勢。
自分が普段カミカミなの忘れとる。

お芝居はお互いの探り合いのまま
特に面白い展開もなく終了。←言い過ぎ
2人は映像を見返しながら反省しかしてない。
べーさんが納得いかないならと
まさかのもう一度トライしたら、
今度は初っぱなから「鼠小僧の子孫」設定で
自ら宝石を盗む芝居をするベー師匠。
ヨコに見つかって周りの銅像に化して
コントにしからない演技を披露。
ある意味素直で、ある意味こだわり全く無し。

なのにその設定をおちょくったようなヨコに
「こいつ何をやってもつぶしよる」と
嘆くべー師匠。ヨコの本質今頃知る。

結局お芝居はグダグダのままで
タイトルも「鼠小僧のシサン」とついて
16年も続いた歴史あるスジナシが終了。

…ええんかな。ええんやね?
相変わらず2人が楽しそうで嬉しかったけど、
16年続いた番組が無理矢理推したセリフを
噛んで産まれたタイトルで終了するとは…。

でもこうゆう演者の力量まかせで
緊張と偶然を楽しみながらのプログラム、
いいよね。これエイトでできないかしら。
↑またすぐのっかる

スジハチとか。
エイスジとか。名前変えて。

話が成立するかどうかとか
無理矢理仕分けてくれてもいいけど
あんまり期待できないので
深夜30分枠でいいので
どこかでできないかしら? 


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。