∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

十祭 初日レポ~祭り開催は水浸し~

十祭9日初日レポです。
今日からネタバレバレです。
でもこれから大阪参加される方は
ぜひご自分の目で見た幸せを
味わって頂きたいなーと思いますが
参加できなかった方や少しでも内容が
知りたいという方はお気楽に読んで下さい。

相変わらず大雑把だし(曲は順番ですが
間何曲か飛んでご説明入ります)
うまく言えるかどうかわかりませんが
特別なイベントに感じた部分が
少しでも表現できるように
頑張ります♪

ですがしつこいようですが参戦される方は
できれば何も読まずに参戦してくださいねー!



ステージはおみこしのような
雰囲気の飾りと「十祭」という文字が
上にデデンとあってシブい感じ。
でもセンステがなくて小さな花道付の
でっぱったステージがあっただけなので
こりゃあまり動き回る設定じゃないなと
思っていたの。

オープニング映像はお祭りの縁日風で…
…詳細忘れたが
焼きそばは亮ちゃんが作ってて
それ食べるのが忠義さんとか
お面はマルがつけるとか
設定の細やかさを感じました)
最後に映像の中で花火があがり
そこへエイトが集まってくるイメージ。
その雰囲気で一気にテンションは
アップアップです。

予想通り(笑)1曲目はいろは!!
ステージも一気にお祭り騒ぎです。
すばさんののびやかな声が聞こえたら
もうライブなのかイベントなのか
センステがないとかそんなことは
全てどうでもよくなりました。

しかもねそこから定番のズッコケ等
歌いながら山車(完全に神輿)にのってきて
なんと、メンバーがホースをこちらにむけて
水をかけてくるの。ヨコが嬉しそうに
激しくホース向けてくるのが見えたけど
おかげで頭から水まるかぶりよ。

しかし人って水かかると
爆笑しちゃうものなのね。
アリーナにある鉄塔の下にも
噴射する装置があってそこからも時折
プシュプシュ発射されるの。
グッズ売り場で並んでて途中雨に降られて
テンション下がり、台風だと大騒ぎして
雨を避けるため万全の態勢している
エイターに水掛けるなんて何事?

おかげで服が結構濡れたけどこれでもう
雨が降っても怖くないしエイトに水を
かけられるならぐっちょぐちょでもOK。
完全に開き直りました。

金男ではハッピを脱ぎ捨て、
さらしオンリーで上半身丸出しの
セクシー衣装?で歌い踊ってくれました。
いやー金男って祭り曲にぴったりだね

改めてデビュー曲が演歌だなんだと
言われたけど、いろは~現在最も売れている
金男に繋がる全く違和感のないお祭り曲に
歴史と誇りを感じました。

そしてそういえば
「事務所への感謝も込める」と聞いていたので
ちょっと予想していたジャニメドレー。
でもねーーこれが想像以上に楽しくて!!

カウコンで歌った懐かしい「お祭り忍者」や
「スシ食いねぇ」を安定の披露したかと思ったら
スシ食って満足したヤスがつまようじを欲すると
マルがデカつまようじ出してきて
…すると途端に「シーハーハー」って
つまようじをシーシーするイメージから
キスマイの「SHE HER HER」に転換。

そこからが怒涛ですよ。おっさん3人が
なんと「仮面舞踏会」をマジ踊り。
「いっそエクスタシー」ゆうて
ひざまずきながらの腰振りですよ。
下半身をしっかりアップで抑えた
カメラワークを初めて褒め称えたい気分です。

しんちゃんのReal Face。一人カツンで
歌いラップし、大忙しですよ。
どこかで「これを求めているんだろ?」って
期待を裏切らないタメをつくっての
「チッ」←舌打ちね。もーーー最高です。

バクステでやったtornの青春アミーゴ
美しい二人が美しいジャニーズ披露。
見よう見まねに踊らせて頂きました。
Weeeekを亮ちゃんが小さくジャンプしながら
歌う姿もちょっと感動しましたが
SMAPさまの「オリジナルスマイル」を
全員が歌う姿を見て
これまでのグループに起こったこととか
懸念されている世間で言うところの
「派閥問題」を越えて
エイトらしいジャニーズ事務所への
感謝の気持ちをすごく感じました。

なんかね、色んなこと乗り越えた感じ?

そして確か「アンダルシアに憧れて」を
超かっこいいスーツに帽子で歌い
そのスーツをババーンと脱いだらなんと
あの嵐様のデビュー時のスケスケ衣装。
そう、「ARASHI」をあの嵐様の衣装のまま
歌い踊ったエイト。しかもReal Faceに続き
しんちゃんが大阪弁で激しいサクラップ
なんだろ、真剣なのにこのおふざけ感。

エイトのいいところ出すぎです。

「他の人の曲やってて怒られへんかな?」
からの「ええじゃないかー」で後輩君の曲へ。
できればここですばさんの「ええことあるかい」
が聞きたかったのはあたしだけ?
歴史あるジャニ曲の中で後輩君たちが
エイトの流れをしっかり組んでいることを
エイトが歌うの聞くことで実感しました。
だってしっくりきすぎてた。

メドレー最後は「タコヤキ」。いつもなら
大阪生まれじゃない二人のセリフでヤスが
タコヤキ食べて青のりついてる設定で
つまようじをまた欲し、
またまたマルがデカつまようじを取出すと
「シーハーハー」とループしそうになる…
というオチで終了。

間では山田の安定の「硝子の少年」や
マルの「愛・革命」(タッキー真似付き)
などもあって盛り沢山。

ジャニの方々への感謝と尊敬の思いが
エイトなりの表現で伝わったと思うよ♪
私達もアイドルっぽさをエイトで感じる
貴重な時間になりました。 

最後、ステージに戻るときに小坂道を
こわごわ戻るすばさん。
そういえば途中滑るもんだから
しんちゃんに抱えられながら
ステージ戻ってたけど可愛かったな。

なんだか8EST思い出して
エイトの思い出が重なって行く瞬間が
すごく嬉しかったです。
↑雨で滑ってるだけなのに
感動しているバカチン

ここまででまだ前半…。

次回
エイターの長年の願望を満たしてくれた
エイトレンジャーに続く…

レポの道のりはまだまだ長いよ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。