∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

かにぱん

先週のやくみつるさんの勉。
やくみつるさんといえば
クイズ番組で活躍されていて
亮ちゃんとかご一緒したよね?
(漫画家さんなこと棚上げ)
普段あまり接点ないし、エイトと
どんな風に絡むのかドキドキしたわ。

てか、そんな頭のいい大人の男性を
ゲストにお招きするというのに
エイトの衣装がちょけてて笑えるわ。
しんちゃんには珍しい
青空のような柄のシャツを筆頭に
ヤスはバナナ柄のTシャツ、
すばさんのデニムはダメージありすぎて
パックリ空いててひざ丸出し。
ヨコのポロシャツはまともと思いきや
胸に小さなクジラがいてる。

でもこの感じがいいのよね。
ちょっとモサい感が勉のいいところ。
こうゆう衣装だからこそ生まれたヤスの
場末のスナックママシリーズもあるもんね。
そういえば浅尾さんの時だったかに着ていた
サボテン柄のシャツも衝撃だったわ。

やくさんご夫婦が使われている
隠語をクイズ形式で答えいくのに
「俺らの中なら誰が当てはまる?」と
やたらと当てはめたがり
「俺ら「ぎたった」ことあります?」
「俺、「でろへめってる」の?」
「誰が「ろぎお」?」と盛り上がってる。
それぞれの言葉の意味は
正直どうでもいいけど、
そんな言葉に戸惑いやいやい言ってる
エイトみんながかわいかったな。

今回の目玉はしたいねーんで書いた
「カブトムシ」の絵。なんでもやくさんが
カブトムシの絵を集めるのが好きで
誰もが知っているがいざ書けと言われると
書けない「カブトムシ」を書くという
ナイストライ。

いいよねぇ。ボードとペンを持つだけで
ワクワクするよねぇ。
普段MCのしんちゃんがボードもって
「目どこ?」とカブトムシの目の位置から
考えてる様子なんて、しびれるよね。
「ここってことないよね」と言いながら
手の甲を頭上で合わせてカブトムシの
目の場所を確認している姿なんてもう…
期待度が高まったよね。 

書き終わったヤスがしんちゃんの
渾身のカブトムシ画を後ろから覗いて
「やっべ〜」を連発。
「もう珍獣やで」と昆虫でもない様子よ。

そんなヤスから披露したカブトムシは
ボードの1/6ほどのちっさい大きさ。
ですがさすが、細かいところもおさえた
なかなかリアルなカブトムシ。
そして上手なヤスの絵をみたからなのか
皆が書き終わっているにも関わらず
こそこそ書き加えている狡山裕。

亮ちゃんもシャシャッと書いて披露した
ヘラクレス。角の形が他とは違い
やくさんも良いのが採取できたと嬉しそう。
ヘラクレスがいる樹まで書いてて
芸が細かい。

マルのは真上から見た足がゲジゲジした
KABUTOMUSI。そうボードに
KABUTOMUSIってわざわざ書いてるの。
なんでローマ字?しかも「r.M」って
サインもしてたよ。でも背中?にある
三角形に見えるとこまで描いていて
これも芸が細かい絵を披露。

「僕は自信あるんだよ」と言いながら
見せたすばさんのは足が4本のカブトムシ。
やくさん曰く、女子が書く感じらしいが
体から離れた空中部分に眉毛があるから
そう見えるんじゃないかな。すばさんは
「俺にしかみえへんやつ」と自慢気だが
すばさんが書く動物…これまで書いてきた
ウサギやゾウ等も安定の眉毛があったよね。
まだ昆虫にヒゲを書かなかっただけましか。

ヨコのは別の生き物だな。だけど
スフィンクスの時ほどの衝撃は無い。
やっぱりこそこそ書いてたから
あとから角とか書き足しよったな。
胴体にテカリも加えてちょっとGっぽい。

だが本日の主役はやはりしんちゃん。
今日一番ひどいとすばさんに言われても
「細かいディテールは押さえてる」と
全く動じない。そんなしんちゃんが
披露したのは角の伸びている方から
真正面に見たカブトムシ。
披露した瞬間あまりの衝撃に
見切れプロの忠義さんが椅子から立って
完全に居なくなってたよ。

足が8本って目と口があって
目の間から角が伸びた生き物。
絶対にカブトムシではない。
なのに「一個ミスったのは足の
ギザギザが無い」と言うしんちゃん。
 
一個?ミスった?All is missに見えるけど?
もー、普段は頭良いのに絵になると途端に
冷静さを失い、芸術性を発揮するね。
すばさんがいった
かにぱんの袋、こんなん」も素晴らしい。

断トツの新種と絶賛され、
ご褒美にやくさんからイラストを
頂けることになったしんちゃん。
「虫になれるとしたら空を飛びたい」
とそれは鳥じゃないの?と思わず
突っ込みたくなる希望を伝えると
しんちゃんをモチーフに
サラサラと虫を描くやくさん。

しんちゃんは絵をみないように
後ろ向いてマルと話していたけど、
音声ないけど意識しないその映像が
何気によくてほくほくしていたら、
やくさんが書いた絵と
自分の絵をすり替えた策士、ヨコ。

絵を裏返しに渡されて嬉しそうに
開いて見て「え?じれお前のやん」と
長い間の後にヨコに冷静に突っ込んだ
しんちゃん。 たまらず大喜びするヨコ。
ヨコのしんちゃんへの愛は常に屈折してる。

ちゃんと無事にやくさんの絵を頂いて
見たしんちゃんは「うわぁ!すごいやん!」
と目をキラキラさせて嬉しそう。
なのに「こんなに上手やと思わへんかった」
と漫画家やくみつる氏に失礼な亮ちゃん。
確かに私も同じ意見だが、素直すぎるで。

みんなが大喜びしたその絵は
しんちゃんの顔が乗っかった「ガ」。
しんちゃんには夜のイメージがあり
夜明かりに吸い寄せられて行く雰囲気を
描いたらしいが「ガ」が苦手なので
私的にはちょっぴり残念。
かわいいんだけどね。どうせなら
散々みんなが書いたカブトムシか 
かにぱん」を活かして何かを
描いて頂きたかったな。 

ちなみに今回絵に関しては
大人しかった渋谷画伯。
やくさんがお気に入り作品を選ぶ際に
「人間味でゆうたら俺やろ」
自信満々で言ってたのがツボ。
 
カブトムシに人間味を感じさせようと
したところがやはり凡人とは違うわ。
「しゃべりそうやろ」とも言ってたけど
そうゆう意味では一番しゃべりそうなのは
カブトムシを真正面から見て口まで書いた
しんちゃんのかにぱんかな。

やっぱりかにぱん、最強。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。