∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

ライオンのアンサーソングだと思っていた象

ジャニズム、楽しいですね~。
PC版では右側でお気に入りの曲は
どれですか?のアンケート作成しました。

私も自分でどれかな~と考えたのですが
三十路少年、Masterpiece、象は
すでに激リピに入ってきております。
「EJ☆コースター」は珍しくダンス中心の
PVが嬉しいですよねー♪ 見応えがある。
…ということでPV関連はまた後日語らせて
いただくとして(毎回長くてすみません)

「FUN…」は最初に聴いてもう難しくって
おばちゃんにはついていけなかったよ、
リップスライムさん…でもこれライブで
すっごい盛り上がりそう。ライブまでに
口ずさめるようになりたいので
おばちゃん頑張りますが合いの手すら
何度「ウォウオッオッ」言えばいいのか
わからんちん。

「三十路少年」はすごいね。
ヒャダインさん、すごいよ。
サビの「もはやおっさんやん」から
急激にテンションが上がってくる。
歌詞とはわかっていても
「無理きかなくなってる」アイドルを
こちらも息切れしながら追っかけてる、
と思うと聴きながら苦笑いよ。

亮ちゃんの公開プロポーズや、同じ状況で
規制音だらけのすばさんの歌詞。
からのヨコヒナのやりとりまで無駄なし。
頑張ってるしんちゃんの横で言う
「コーンコンコンスタントにコーンスターチ
ってマルの言葉は「西海岸に本願寺以来の
ハマりになりそうです。

「Masterpiece」はこうゆうのが
聞きたかったんだよぅと悶えました。
すばさんの「ゲッダウン」だけで胸イッパイ。
ソリソリやフローズンマルガリータを作られた
SHIKATAさんなのでさすが!これはあれだ、
スパルタ屋良っちに超難関振り付けを
ぜひお願いしてガンガン踊って欲しい。
ブリュレが上位だった国民の意見を
ぜひわかってほしいわ。 

「ゆ」。無意識にライブで合いの手を入れる
練習をしているのは私だけではないでしょう。
不規則に思えるけど最初は1度、2回目は2度。
3回目は3度言ってハイッ、
なんだいけるじゃん、と思っていたら
思わぬところで「ゆ~」が入ってくる。
 
おそるべし、やすば。かわいいくせに複雑。
こりゃ覚えがいがある。ちなみにやってみると
「ゆ」ゆうときペンラもって上げてる親指が
ナゼか立ってしまってます。

曲のポップさと「ゆ」に気持ちがいくけど
歌詞がめっちゃいいのよね
すばさんのまっすぐな言葉が伝わる。
エイト&エイターの相思相愛っぷりが
見えるの。やはりおそるべし、やすば。

「おえかき」こうゆうのきくと亮ちゃんの
表現の幅の広さを感じますよねえ。
「くっそみたいな歌を作りたい」といって
十祭の時にしんちゃんのピアノセットを借りて
作ったらしいが、そんな時にできたとは
やはり音楽力が計り知れない。

長瀬くん提供の「ドヤ顔人生」は
最初の歌詞が「ドヤ顔人生だ!」のおかげか
CDパッケージに「!」がミスタイプされ
シール貼られてるやないか。
 
でも演奏も歌も高度で難しいよね。
曲のタイミング以上に歌詞をゆっくり
伸ばして歌うサビがしみる。
「ウォウウォウ」も歌って盛り上がりそうだが
「グッドナイト」付近でのいびきも気になる。
これも「ゆ」と同じで最後の
「ガッハッハー」をタイミング間違えずに
言ってみたい。←どこまで聴き込むねん

そして「象」。これはすごいね!
タイトルだけで「宇宙に行ったライオン」の
アンサーソング?とまたつまらないことを
思ってた私、平謝りですわ。ごめんなさい。
切ない曲調に強い歌詞。決心が伝わる歌。
ナゼか高橋優さん聴くと中島みゆきさんを
思い出すのは私だけだろうな。
 
「10年後またここで会おうよ 
そん時は今よりずっと笑っていよう」

って歌詞がしびれる。
エイトの姿を歌う新しい歌に聞こえる。
最後の「きっと」が続くところで
泣きそうにもなる。

そして泣きそうになった気持ちのまま
聴いてマジ泣きしたRAGE。
音源化希望を言い続けて良かった。
RAGE入ってるの見てこんな私を
思い出して下さったという
ありがたいコメントも頂きました。
ありがとうございますー!勝訴ですよー!

BlogPaint
↑誰がなんといおうとくす玉ね。 
 
シングルじゃないのは残念だけど
本当に嬉しい。じつわ、しんちゃんソロの
キングにイマイチ納得がいってないのですが
このRAGEがライブで見られるなら…
ていうか見られなきゃ…また暴れるよ。

なんなら今度サッカー代表戦見に行く時に
大音量でRAGE流してやろうかと思ってます。
それくらいに嬉しいし誇らしい。
これもライブでガンガン踊るエイトが
見られるかな?見せてよね。

新しいスタートで自分たちらしさを
改めて考えた時に、収まりきれず
これだけバラエティに富んだ表現を
選らんだ「関ジャニズム」。

ソロ曲感想の時に言おうと思ったんだけど
できればこれまでエイトが何かと歌ってきた
謡曲調な落ち着いた大人な歌も
入れておいて欲しかったんだよねー…
それを面白さ追求したキングより
「あなたへ」みたいな感じで
しんちゃんに歌ってほしい気もしてたの。
キングもかっちょいいんだけどね。

でもこのアルバムがスタートで
自分たちの可能性を、ジャンル問わず
いーっぱい表現したいんだっていう
メッセージだと私は受け取ってます。
頼もしいわ。

見せてもらおうじゃないの、
三十路少年たちのキラキラした姿を。

だから私も合いの手練習頑張ります。ゆっ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。