∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

2050年までの複雑な思い

「EJ☆コースター」とメイキング及び
「丸山が2050年からやってきた」も
見ましたよー。みなさんどんな感想を
お餅でしょうか、あ、間違えた、
お持ちでしょうか?
私、じつはとーっても複雑な気分でして
それを順追ってお話していきます。

EJ☆のPVはエイトのみで
ダンス中心なのが見ごたえあり
セットも豪華でいうことナッシング。
タップダンス的ステップを
センターではるすばさんも
驚異的なジャンプ力を見せるヤスも
ジョイジョイジョイジョイ…と低音にいき
唇とがらしてくヨコも…みんなかわゆす。

ヤス憧れの嵐様的「肩組んでカタカタ」
もできたもんね。10年目にして
「スマ兄さん?嵐様?」と
疑うような王道曲を歌えて誇らしいわよ。
最後歌い終わってからのヨコマルの
欲しがる「イエー!」もかわいい。

メイキング王は相変わらずで
初っ端止まっていないといけないのに
ガチョーン」とカメラサービスしたため
動くタイミングをミスるマル。
「集中しよう」と言われたのに
ガチョーン」に「パーン」も足したが
見事ダンスクリアしたマル。

そんなマルがプロデュースによる
2050年からやってきた丸山隆平
オレンジ社の怪しいマシーンから
出てきたマルみてワクワクしたけど
グズグズの進み具合に
今年からエイトに興味をもった後輩に
初めて貸し出すCDに添付していいものか
すごく迷いましたが、これぞエイトなので
隠しきれるものではないと思い、
勇気を振り絞りそのまま渡しました。

エイトが解散している36年後。
その危機を救うためにやってきたという
設定がなかなかイカスじゃない?
大嫌いなシイタケ栽培をして
大成功しているすばさんや、同じく
石にはまって売出し、大成功している
しんちゃん等、みんな中途半端にリアル。

亮ちゃんに無理やりギャグさせたり
ヒヤヒヤする場面も多々あったけど
みながら「インフィニティになっても
変わらずやってくれるんだなー」と
ほくほく思っていたのよね。

そう…ほくほく思っていたらやってきた
これからの夢を語ったエイト。
やってないことやりたいとか
エイターと何かをやりたいとか
いっぱい言ってくれる中に男としての
純粋な夢であろう「海外」って言葉がきた。

私これが苦手でねー。寂しいの。
前にも行ったことあるんだけど
身勝手なこと言ってるのはわかってるけど
大きくなるのが悲しいんじゃなくて
やりたい事と見たい事のズレが怖い。

どっかでエイトはいつまでたっても
エイトを大好きなエイターを驚かせて
楽しませて笑わせて泣かせてくれる
それが夢だって言ってくれると思ってて
男としての純粋な夢を聞くと
ほんとーに身勝手ながら寂しいの。
8EST追加公演最終日でも
そんな風に思わないでって
マルが言ってくれたのにね。

エイトの音楽やエンターテイメントが
日本にとどまらずもっと大きく
広がるのはすごいし、そんな夢がなきゃ
これからもっと先へ歩いてはいけないって
わかってるんだけど。
軽く語った響きでもそれを聞いて
実はちょっと凹んじゃって
1度見てからはあまりこの場面みてない。

弱虫でごめんなさいー。
身勝手でごめんなさい。
でも今はまだ海外なんて夢みないでって
思っちゃう。国内でだって今はみんなが
満足できるほど参加できないことあるし
海外コメントは拒否しちゃうわ。

積み上げてきた今がいつでも最高だし
その先をずっと応援したいし
本当にそう思ってるんだけどね。

いつでもえらそうに「ついていく」
なんてい言っておいて勝手だねぇ。

そんなこと思ってたら
2050年へ戻っていくマルが
マシーンに乗り込み、隠れたのに
開けられて素で驚いている様子見て
なんだかホッと安心しちゃうんだけどね。

マル、いつも本当にありがとう。
まだまだそんなエイトらしいことで
私たちを楽しませてね。

…ってブログ書いてZIPでがむしゃらの
PV解禁されてご機嫌でみてたら
また沢山周りにいらっしゃって
エイトだけのダンスPVですごくいい
って言ってたEJへの気持ちが萎えた…
しかもまたここでも海外の話した…

もー…凹むーからジャニズム聴くー(´・_・`)
道の「いつまでもここにいるよ」が
心に響くー。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。