∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

紅組白組もも組の歌合戦

ようやく紅白の編集が終わりました…
とりあえず30分程度にしましたが
ちょこちょこ出るとは聞いていたが
本当にちょこちょこ出てくれたので
大変でしたよねぇ。

オープニング、
美輪さんが前にいらっしゃったので
思わずエイトを周りに探しましたが
後ろにひょっこり飛び出る金髪発見。
まさかの忠義さんの赤髪→金髪に皆が
「頭皮」と「毛根」を心配しましたね。
同時に私は初登場の時の美輪さんの
御手を取っての階段降りを懐かしく
思い出しておりました。

「ようかい体操第一」では一番上の段で
全力で踊るエイト。なるほど、それで
名古屋最終日にヨコが「ようかい体操」を
踊っていたのか…だがその努力の割には
一番上すぎな上に出演者が多すぎて
全く映らないエイト。やっと映った、
と思ったら歌詞はまさしく
「どうして僕ちゃんふられたの?」部分。
マルなんて張り切りって踊りすぎて
画面でもブレブレだったけど
最後の方にさりげなく筋肉寄せポーズを
ちやんとしてくれてましたよ。

続いて「もも組応援」で登場のエイト。
しんちゃんがセットのカーブに隠れて
半信五。忠義さんもせっかくの金髪が
後ろの画面に反射して微妙なもも色。
ここでもマルがもも組を「みょも組」
と微妙に噛んでたのも可愛かったな。

香西かおりさんを囲みながらステージに
移動したのもとってもかっこよかったけど
どこから見ても新地のママ(香西さん)と
店のボーイ(信五)そして近くの系列店の
ホスト達(その他)とIT社長(すばさん)。

途中ホスト達のうちの一人(マル)は
みごとカミングアウトしてもも組入りを
しちゃたけどね。しかしやな、あまりに
すばさんが日村に取り押さえられてて
うらやましかったけど笑えたわ。

その後細川たかし様のお歌へ。
歌詞も「丸山くん」といってもらい
マルも頑張ったかいあるよね。
「大丈夫か?」とも言われたけど
特にエイト自体に影響はないです。
最後までキャラ守って審査員席から
階段上がってくるときも
ちゃんともも組だったマル。
エイトらしい良い仕事したよね。

やはりテイチク様に育てられ、この手の
世界観が似合うエイト。このお仕事の
大切さを忘れたらあかんよ。

ゲラゲラポーでは妖怪の後ろで
前の方に位置させてもらったけど
妖怪がでかすぎてやはりあまり映らず。
妖怪の間にヤスが映ったりしたけど
断然ヤスの方がかわいかったわい。

和田アキコさまの応援。
まさかの古い日記バックで
ミソノで歌わせていただいているから
ドキドキしたけどもちろんそんな
振りがあるわけでもないけど
勝手に映画への期待が高まったよね。

しかもSMAP兄さんのお隣に並んだので
お粗相がないかそちらもドキドキ。
続くV兄さんからノリノリが過剰しそうで
ますますドキドキ。マルがヨコを回して
ふざけそうになったのをニヤニヤしながら
見てました。先輩の晴れ舞台だし
楽しく応援してあげたいもんね。

キラキラ濃いめのお衣装でノリノリで
楽しそうなエイトが愛おしい。
ついついエイトウォッチングでした。

そしてやっとエイトのオモイダマ。
こここまでの間ですばさんのツノが
ますます斜めに伸び上がった気がする。
松潤紹介してくれた通り
魂こもった熱い歌になったし
学生さんとのコラボも迫力あって
素敵なステージになったね。

でも…サビの合唱はできれば
後半からにして欲しかった。
エイトの声がもっと聞きたかったけど
エイトだけのハモりも聞き取れず
ちょっと残念でした。ごめんなさいね、
これは演出への不満です。ヲタなもんで。
オモイダマ選曲の段階で覚悟はしてたけど
でもエイトの熱い気持ちが伝わる
まっすぐな歌になったね。

じつは…今回一番感動したのは
TOKIO兄さんのステージ。
20年に一度のお願いがありますといって
「お立ち願いたい」といい
関ジャニ嵐V6、こっちきちゃいなよ」と
誘い入れてくれた長瀬くん。

バンドで自分たちの音だけで
紅白のステージを後輩や同僚に囲まれ
歌うTOKIO兄さんが素晴らしかった。
もちろん20年という歴史がさせるんだけど
こうゆうグループになってほしいなと
しみじみ思いました。

会場との掛け合いも楽しんで
最高のデビュー曲披露されましたよね。

太一くんのそばで映してもらって
嬉しそうで楽しそうなエイトもかわいい。
本当にいいステージだったなー。

…紅白にはいっぱい言いたいことがある。
選ばれて会場に来ているアーティストは
流れからインタビューを受けない人も多く
時間に押されてアワアワ進行。
歌手間の格差も激しく、持ち時間も違いすぎる。
別会場と企画物ばかりに時間をさいて
疑問をますます感じました。

…まそれも全て最後ふるさと歌うのに
一番後ろで階段一段上がって
顔見せてくれたヒナクラに癒され、
最後の蛍の光で7人がカメラに向かって
ワクワク準備し、映った時の嬉しそうな
顔見て吹っ飛んだけどね。

日本の大切な歴史ある番組。
いつまでも出演する方も見る方も
大切に思える時間であってほしいな。

エイト、紅白お疲れ様でした。
楽しませたい気持ち伝わったよ!

もも組、大勝利!!


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。