∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

「キミに伝えたい」でヨコが伝えてくれたこと

今日で神戸の震災から20年なんですね。
関西ではヨコが出演する震災報道番組が
お昼からやっていました。
改めてあの日、揺れの激しさに驚き
何が起こったかわからない朝を迎え
それからは色んなことがあったな…と
報道番組を見てまた思い出しました。

今日の日を色んな思いで迎え
まだまだ辛い思いをされている方が
たくさんいらっしゃると思いますが
この20年の間で少しでも乗り越え、
心身の復興ができていますように。
そしてこのみんなの辛い思いが
教訓となって、少しでもこれからの
日々に強く繋がっていきますように。

私もこうしてブログなどしていなければ
言葉にすることもなかったけれど
今日の気持ちをこうして載せる
きっかけになったのも、20年経って
ヨコが報道しているからこそだな…と
不思議に思います。

生放送だと思っていなかったので
窓から見える天気と同じで
寒くて雪が急に降る中をヨコが
神戸のビーナスブリッジから
ミヤネさんと番組冒頭に語る姿が
誇らしかったです。

不謹慎ですがあくまでエイト大好きな
私の書くブログなので
ヨコの様子メインの感想になりますが
どうかお許しくださいね。

雪で寒い中、オープニングでは
外からだったもので余計に表情も硬く
だけど唇が潤んで光って見えましたよ。
震災の時は13歳でまだジャニーズには
入っていなかったけれど、
当時の写真として履歴書に送った写真を
見せてくれてました。美しかったっす。

でもねぇたまにやっぱり噛んじゃうのね。
「ゴリヤク」が「ゴリエキ」に
聞こえたりね。読み違えたわけでは
ないと思うんだけどやっぱり
今日の仕分けの高卒認定結果が
心配になっちゃうよね。

ヨコはこの番組で
「モノが伝える20年」という企画で
遊覧船「コンチェルト」の取材を担当。
実は私、この「コンチェルト」が
震災前の「シルフィード」だった頃に
乗ったことがあるのでその話もでて
とても感慨深かったです。
気持ちの良い船内で食事をしたのが
思い出に残っています。
ヨコが「コンチェルト」になった船で
船内を案内しているのも嬉しかったな。

「オリバーソース」の取材もしてました。
CMジングルの「オリバーソォース♪」を
社長がヨコに即した時には条件反射で
一瞬ヒヤッとしましたが、
さすが関西で生まれ育ったアイドル、
無難に歌いこなしましたよ。セーフ。

偶然残ったソースが熟成され
それを商品化して限定発売した社長。
そのソースを使いった焼きそばを食べて
「うまーい」とヨコが叫ぶのを
嬉しそうに聞いて
「これで会社にはあの時のソースは
一滴も残っていない。これからまた
新しい一歩を踏み出す」
とおっしゃるのがとても印象に
残りました。素晴らしいよね。

「震災で学ぶことが多かったんですね」
と受け取るヨコの姿もよかったです。

阪急岡本駅にもきたんだなー。
ここにあるお寿司屋さん。
震災で亡くなられた奥様が書かれた
値段表を大切にされているご主人。
奥様の思い出をご主人からお聞きするのも
ヨコは気を使いすぎることもなく
まっすぐに受け止めて聞いてました。

兄弟を守る約束をしたという
息子さんの話聞きながら
「僕もおかん早くに亡くしたんですけど
なんとしてでも弟を一人前にせなと思った」
と自分の思い語ってました。

ご家族をなくした原因は違えど
辛い気持ちが伝わってわかるからこそ
語り合えたんだろうな。

VTR開け、ヨコの目が潤んでてね。
息子さんの気持ちがわかり、
自分の気持ちも通じて、言葉にしたことが
改めて思い出されたみたいで…。
ずっとファンとしてみていた私としては
なんだろう、一つ何かを登った気さえ
しました。

番組終わりには震災モニュメントもある
東遊園地に来てミヤネさんと一緒に
取材していましたが、まだまだ報道の
取材を担当するには言葉も足らないし
ミヤネさんの言葉に同調するだけだけれど
でも真摯に伝えようとしている気持ちは
とーっても伝わりました。

正直言って私は辛いことから逃げるので
ヨコが報道番組で登場していなければ
避けていたところ、
改めて色々知れて考えられてよかったです。

「(震災を)忘れてはいけないし
この番組を通じて何かが
伝わっていればいいなと思います」
と最後に語ってくれました。

ヨコ、ありがとうね。

せっかくなら、風化させないように、
という思いがあるなら関西だけではなく
全国放送して欲しかったなと思い、
それがとっても残念です。

あーーオリバーソースで
粉もんくいてーーー!


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。