∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

オランダの方へ、「おおきに」means 「サンクス」です

今朝はWSをあちこち張りましたが
映像はもちろん流れてこず、
スポ紙の話題でしたが
すばさんのオランダでの反響が
とっても伝わってきて嬉しい朝です。

ネットニュースもあれこれあります。
*「海外映画祭初参加とは思えない
堂々としたパフォーマンス」
とか

*「由緒ある会場で持ち味である
伸びやかな歌声を響かせた」
とか

*「日本語で書かれたウチワを持つ
外国人エイターもいた」
など

ネットニュースに記載された言葉の
一つ一つがとても嬉しい朝です。
あ、いや、ウチワ情報はいらんか。 

しかもさ一生懸命覚えた英語で
「日本では関ジャニ∞というグループで
活動しています。お芝居のことを
上手く話すことができないので上映後
ここに来てくれた方のために感謝を込めて
歌います」「おおきに!」ってご挨拶が
泣けるじゃない。

すばさんらしく、きどらない、
でも伝えたいことちゃんと気持ち込めた
かっこつけないご挨拶。
最高じゃない?

できればこの挨拶を
丸暗記したいくらいよ。

エイトの公演もあったからその合間に
曲も挨拶も練習したというすばさん。
メンバーがその様子も見ていたろうし
そんな様子を勝手に想像するだけ
私の小さな薄い胸が熱くなります。

…と今は嬉しさと誇らしさと
無事に終わって帰ってこられるという
安心でいっぱいなんだけど、
島国根性と独占欲丸出しで申し訳ないけど
ニュースなどにもでている 
「海外公演」という響きが寂しく思える。
ごめんなさい本当に。

いつでも手の届くところで
精一杯表現してくれて
それを一緒に大喜びしていたエイトが
どんどんおっきくなっていく。
見たくても見られる機会は少ないし
必死に探していたエイトが
自分が見られないところにどんどん
飛び出していく寂しさが
どうしてもぬぐえません。

十祭で忠義さんが
「僕らはいつでもここにいます」と
言ってくれた言葉が身にしみる。
マルが日記で
「いつでもみんなの目に入るように
頑張るからね」って言葉も。

海外進出が夢なのではなく
まだまだやってみたことのない
夢の一つが海外進出なんだと思うけど
日本でやってることもまだまだ
不十分なことがたくさんあるから
不安なのよ。ごめんなさい、
せっかくのこんなハレの日に
ぐぢぐぢ言って。

でもそんな不安を持っていても
「信じてついてきてくれ」 というなら
でっかくなって、やりたいことやって
その中で満足出来るものをたくさん
生みだせる男たちになっておくれ。

そしてエイトを心の支えに生きる私は
パスポートの有効期限を
存分に延ばして用意しておくわ。  
苗字も変わらないしね。 

そしてそんな寂しい気持ちを
隠せないくらいに弱気になっていた私に
先ほど、エイターではない友人が
高槻の西武にてエイトレンジャーを
発見しました!」と言って
エイトレンジャーパネルを写メして
送ってきてくれました。

はぅ…。助かった…。自分の趣味を
ひけらかしておいてよかった。
そしてあなたはすごいわ、友よ。
ありがとう。ナイスタイミングよ。

そうだ、私にはエイトレンジャーがあった。
まだ蓋を開けただけで何一つ見ず、なのに
プレゼント応募だけはちゃっかり済ませた
エイトレンジャーという大いなる楽しみが
家にあるではないか。 

見よう。見よう。
そして薫さん見て泣こう。

ちなみにプレゼント応募は
缶カンの方にしておきましたが
DVD見てハチモンほしくなったら
どないしよ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。