∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

赤犬ユニバース(映画ネタバレあり)

昨日、おそらく最後になるだろう
ミソノ鑑賞にいってきました。
かなり席数も少なくなってて
金曜日に予約を取る時には
ガラッガラだったんですが
当日、席に座ってみたらほぼ満席。
高校生らしき男の子たちや
明らかにNOTエイターな世代の
ご夫婦などもいらっしゃり
ちょっと嬉しかったです。

この前感想を書いて頂き吐き出した分
少し気楽にみられたので、今日は
お気楽感想を書かせて頂きますね。
あ、ここからまたネタバレバレなので
お気をつけくださいね。


何度見ても最初10分のドキドキから
赤犬さんたちが登場されて癒されて
ポチ男が素直でかわいらしいのに
茂雄が暴力的だけど魅力的で
歌を聴いてオチる…っていう流れが
わかっているのにやめられません。

今回はどうしても気になっていた
赤犬さんをにすっごい観察してみました。
役作りもいらないと言われたという通り
皆さん自然で楽しそう。まぁだからこそ
この映画のポイントになってるんだけど。
↑えらそうですみません

普段から皆さん集まった時の会話も
こんな感じで楽しいんだろうな〜と
とーっても微笑ましい。
(怪我してえらいことなってた)タカさんを
待っている間だったかも
「食べ放題で1980円」とか
「水とポテトで膨らませて」とか
漏れ聞こえた話がもう面白い。

ポチ男とカスミが着ているTシャツは
西梅田の展示で穴があくほど見たけど
赤犬さんが着ているのも
チョーかわいいんだよね。タコヤキでの
忠義さんの味の開きみたいな骨柄とか
なんかの魚柄とか… 説明できないけど。

そんな赤犬さんたちのバンドに
ボーカルとして入ることになり
ココロオドレバの原型を練習した時の
シーンも大好き。というか実は、
すばさんの主演映画デビューに感動して
一番最初に泣けたのがこの場面なのよね。

何気に音を鳴らし出した赤犬さんが
裏打ちするとかピアノに変えるとか
アレンジを変えて音をだした瞬間に
ココロオドレバのイントロが鳴って
実は私、最初に泣いたのがここで 
これがすばさんのソロ曲だーって
ゾワゾワーってしてうるうるしました。

マイク握ったままのポチ男は
「歌詞ないけど思いっきりいこか」
という呼びかけにうんうんうなずき
「ラララ」で歌い出す。ぎこちないけど
あの「うんうん」がね。
小さい男の子がよくするよね。
どんぐり眼でこくこくとうなずくのが
ピュアでまっすぐでキュンとくる。

キュンとくるといえば、
言葉少ないポチ男がたまにカスミに
突っ込む一言がキュン。
ポチ男ノートにノリノリで書いてる
カスミの絵を覗き込んで「絵へたやな」
そして4つの大切なものを話している
大事な時に広げる指を見て「指長いな」
ポチ男がカスミには見せる
素の姿っぽくってキュン。

ポチ男以外にもキュンとさせてくれた
男たちがいました。
まずは赤犬さんのコーラス隊。
単純だけど印象的なダンスと合いの手。
特にココロオドレバでの 
「リブアローン、リブアローン」は
CDに入ってないのが残念でならぬほど。
私の中学英会話並ヒアリングによると
「leave me alone」だと思われますが
CDに特別ver.で入れて欲しかったな •́ε•̀

歌詞のないココロオドレバをポチ男が
イヤホンつけて音を聞きながら
部屋で練習している時に
他は「ラララ」なのにちょっとだけ
「ココロふにゃにゃにゃー」と
一瞬歌詞が入るのよね。
それもいいんだよな。

いや、歌詞の衝撃といえばやはり
赤犬さんとタイバンしたバンドの
歌が濃すぎて、引いてたらサビで
「殿様だけがめちゃ笑う」
って連呼してたことかしら。
熱く歌うボーカルの手前で
母?に抱かれた小さな子供が映ってて
映画とはいえ、彼の大切な成長過程に
大きな影響与えそうで気になりました。

…映画の感想じゃくて申し訳ないです。
そして申し訳ないついでにもう一つ。
赤犬さん達がタカさんが怪我したから
ステージにでられない理由を
「二代目アランドロン襲名披露のため」
って言ったのも大好き。大好物でした。

みんなが大好きなのはやっぱり
「トマト食われへんやろ」だよね。
いや、私も大好きよ。あそこはもう
この映画の女子落としポイントだよね。
今の私は「牡蠣食われへんやろ」
勝手に変換してキュンキュンしてます。

後半、カスミに言われてアイロンとりに
行く時に「スチームの手にもつやつ」と
繰り返し言いながら取りにいくとこも
はじめてのおつかいみたいでキュンだね。

カスミがもう一度歌って欲しくて
茂雄に言う
「あんたが選んできたこと全て間違いや」
がグサリきた。それが言える強さがすごい。
「自分で決めろ」と言われて運ばれてきた
タカさん越しに考える茂雄の表情は深い。

いや、タカさんがダイブしたのを
パンツ一丁になりながら
「なんで今(ダイブ)するん?」
「ライブ中にせえっちゅうねん」と
淡々とつっこめる赤犬さん達も深い。

結果、この映画は赤犬さんも凄い。
赤犬さんたちこそユニバース。

やっぱり
前面が「赤犬」で裏が「ユニバース」の
Tシャツが欲しいです。

そんな私にもうすぐ
ミソノナノユニバースTシャツが届きます。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。