∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

月亭信五とかじゃないですよ

4月から新しい番組も始まりますが
地域限定だったヒナマヨも
放送地域広がるみたいですね!
ブラマヨさんとしんちゃんの会話が
とっても面白いし、ちゃんとアイドル扱い
してくれるのよねー…ま、そりゃそうか。

ですが先日、これまでのしんちゃんの
コメントをまとめたコーナーがあって
それは全くアイドル扱いではないものの
コンパクトにしんちゃんの発言が見られて
とーっても面白かったんです。

なのでちょっとまとめてご紹介しますね。

「番組がここまでやってきたのは
村上様の芸人顔負けの働き」のおかげ
というヒナマヨ。今では芸人もやらない
一人ノリツッコミも難なくこなして
番組を盛り上げる村上様の実力を
世間にもっとしってもらいたいので
こんなVTRを作りました…という主旨。

村上信五33歳、職業アイドル。
タイトル
ムラフェッショナル~笑いの流儀

そう、NHK
「プロフェッショナル~仕事の流儀」の
パロディなのね。面白い事考えるわね。

レギュラー9本持つしんちゃんを
業界では「浪花のお笑い貴公子」と呼び
(呼んでるの聞いたことないけど)
ジャニーズらしからぬお笑いの才能で
類稀なるワードセンスが光る
「浪花のお笑い貴公子」が魅せた
センスあふれるワードコレクションを
披露するというの。

その①
一瞬であだ名をつけるのが得意という
女性タレントがつけたコスピーの
「マルコイ」というあだ名を聞いて
しんちゃんが上乗せしたあだ名
「マルコイ・ウスゲヴィッチ」

その②
総選挙でだんだん低い順位になる
女性アイドルに一言
「プロゴルファーの晩年」

その③
方言女子が可愛いと言う話題で
東北の方言で盛りあがっていると
コスピーに向かっていった一言
「ズラじゃないずら」

その④
心の中に猫をかっている、という
女性タレントに一言
「はあ」

ここまで、余計な形容詞なく
ズバッと一言でお笑を表現する
ワードセンスが本当にさすがです。

次に
「時に笑いを取る為なら手段を選ばない
浪花のお笑貴公子が魅せた力づくで笑いを
取りに行った瞬間コレクション」

その①
万一コンパに行くなら
エイトのイケメン2トップ
「錦戸、大倉は呼ばない」という
笑いの為なら仲間も売る主義

その②
厳しい先輩の話から
TOKIOがいいですねぇ~ちょうどええ」と
笑いの為なら先輩も売る主義

その③
カラオケで歌う十八番
「奥田民雄のさすらい」で
歌手であることを主張する
笑いの為なら嘘もつく…

あれ、なんかおかしな方向になってきた。

でも面白さと返しの絶妙さに
ブラマヨさんは大絶賛。
「お笑の方の息子さんとかじゃ
ないですよね?」と言うと
「月亭の血とか入ってません」
また絶妙にかえすしんちゃん。
八光を意識したか、月亭チョイスが渋い。
 

最後にしんちゃんにとって
「お笑い」ってなんですか?と聞くと

自分がゆうのもおこがましいですけど
今の自分を作ってくれたもの…」

と語ったあと、「ポーン」と
ええ感じの音響入って終了。

なんだろうな…よく考えたら
ピックアップするほどのことでも
ない気がするんだけど←言い過ぎ
あえて「今日は上な」発言とか
チャチャマンボーとかやったのじゃなく
このような細かいのを紹介するところが
愛されている証拠じゃない?

放送地域が広がるのは嬉しいわぁ。
みんなでブラマヨと楽しく絡む
しんちゃん愛でようね。

そして…クロニクルはどーなってる?


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。