∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

川柳が うまく詠めない レディ四十

私にとってのGWが終わります…
といっても二日行けばまた休みなので
少し気は楽なのですが…
本当に連休って終わるの早いですね。
悲しい。

スバラジでもGWネタ話してましたが
しぶやんは連休があれば
一人旅をしてみたいんだとか。
いやーしぶやんが一人旅したら
完全にムーミンスナフキン的な感じで
さすらってそうだわー。
すば散歩ですら渋いのに一人旅だなんて
想像するだけで…興奮しますわ。

今回もハイクオリティふつおたでしたね。
小3の弟さんの「美脚って何?」て質問に
「綺麗な脚のことじゃない?」というと
「そうなんだ」とニヤニヤしたという話。
しぶやんの「将来有望ですね」に大納得。
男はやんちゃさと下心は大いに必要よ。
きっとカッコイイ立派な男性になりそう。

そしてそんな男性が年を重ねると
素晴らしい川柳を詠めるようになるのね。
↑違うけど 
同窓会から帰ってきた76歳のおじいちゃんが
持ち帰ってきた川柳のコピー。
これ、大爆笑じゃないですか。

・目覚ましの ベルがまだかと 起きて待つ
・年上が タイプだけれど もういない
・ガガよりも 派手だぞうちの レディバ
・年重ね もう食べられられぬ 豆の数

すごいわー。
しぶやん、「レディババ」で爆笑。
高齢の方がレディガガをご存知なのも
かっこいいよね。そしてそれを
川柳にしちゃうなんてセンス良すぎ。
 
そしてこの五七五で言葉を綴る
川柳という日本の文化は究極よね。
綺麗に纏めて詠めるのは
センスとユーモアが必要よね。

私もここで連休中の生活で
思ったことを川柳に込めます。

「入れ替えが 面倒臭い DVD」
「連休に 食べて寝てたら 1キロ増」

…やっぱり川柳詠むには
人生経験が足りんか。浅いわ。

この日は安田章大いい人伝説。
まぁこれはエイターが思う想像が
大いにありとはいえ
しぶやんがヤスの本当の話を
折々混ぜてくれるので楽しい。

前日も収録で一緒だったヤスは
ふわふわーっと訳のわからにことを
喋っていたんですって。それだけでも
ふわふわーっと可愛い様子が浮かぶ
なのに実際は誰よりも派手なパンツを
履いているというヤス。それを
「ヤスは激しいところありますから」
と説明するしぶやんも素敵です。

楽屋をチェックしてから出そう、
という想像は実際もドンピシャ。
今はそれぞれが忙しくなったけど
みんなで移動していた頃は
移動車にいるとヤスだけがこない
「謎のヤス待ち」があったそうな。

なんでヤスはこないとみんなで
ブツブツ言ってると
「ごめんごめん楽屋のゴミを
片付けてた」とやってくる天使ヤス。
誰もやらないことをやってくれるが
それをやったと自らいうこともなく
さらっとやる素晴らしいヤス。

だが「お前はそれをせんでいいから
メンバーを待たせていることを
考えてほしい」と訴えたしぶやん。

ヤス…。どこまで天使なの。 
男はやはりやんちゃさと下心より
ヤスのような優しさか。

ここで一句。
「安田くん いい人よりも いい男」

やっぱり私、川柳のセンスないわー…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。