∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

村上信五のMC力

先日ヤホーニュースにしんちゃんの
MC力についての記事が出たそうで
「村上君の記事みたよ」と
いろんな人に言われました。

連休中は朝日新聞の試写室ってコラムにも
しんちゃんの記事が載ってたんですよね。
前にマツコの番組が人気なのはなぜ?
みたいな記事がヤホーにも載ってたので
その流れなのもあるだろうけど…

今このタイミングでしんちゃんが
話題になる一番の理由は
世界のキタノ様とご一緒した時に
MCを褒めて下さったからだろうな。
改めて世界のキタノ様の力を
感じております。

やっぱり一般的な印象は「MC力」で
夜ふかしでタカツキングいじられたから
それをもイメージにして
絶妙なポジションを確立しているって
書かれているんだけどね。結果的に
しんちゃんの個性として伸ばしてきた
「MC力」が褒められているから嬉しけど
それだけじゃないんだよなーと
エイターとしては寂しい気持ちもあり。

「MC力」として賞賛されるなら
番組MCだけではひも解けない部分が
たくさんあるのになーって思うのよね。

ジャニズムDVDの感想の時にも
言おうかと思ってたんで、あえて
トークだけのしばりで書くと
しんちゃんの挨拶とかあおりって
ピカイチだと思うのよね。
あの最後の「大きな拍手をー」って
言う瞬間は毎回鳥肌が立つ。いや、
回を追うごとに迫力が出てきてる。

これってカッコつけていうだけなら
逆鳥肌(関西弁でいうサブイボ)になるんだけど
しんちゃんの場合はみんなの気持ちを
纏めて引っ張っていくのが上手なんだよね。
なんつーか、しんちゃんのおっきさで
くるんでくれると言うか。
自然に出るあおりに迫力がある。
一方的ではない一体感が出る。

あの瞬間、私の中でライブでの感動は
頂点に行くことが多い。
感動も興奮も全てがあの時に
放出されちゃうのよね。
で、これがないと盛り上がりも半減する。

そしてこうゆうのはリズム感とセンスが
絶対必要で、それが完璧なのよね。
タイミングがわかってる。
世界のキタノ様が褒めて下さった時も
タイミングの話してたけど
まさしくセンスの良さなのよ。←べた褒め

番組MC力を褒めて下さるのは嬉しいが
それよりなにより
ライブでのこの力を感じてこそ
しんちゃんの良さはわかる。周りを見て
無償の愛でひっぱってく優しさなのよ。
ましてや、タカツキングでいじられるより
それになりきってやりきるタレント力と
潔さを褒めて欲しい。

そしてなにより
年々上達する演奏力や表現力あってこその
タカツキングだってこともわかって欲しい。

でもそれはエイターではない人に言っても
仕方がないことなんだけどねー
いや、まー…一般的にMCを評価されることは
とにかくありがたい…(どっちやねん)

なので、ヲタが一般の感想に
何熱くなっとるんだくらいに思ってくださいね。

とにかく。
唯一無二の我らが村上信五
おおーきな拍手を!!


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。