∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

裕さんの裸足であぐら、最強

ヨコのお舞台が無事に始まり
グッズ詳細なども出てますね。
単独じゃないのにグッズがあることに
多少驚いておりますが
エイターとしてはありがたい。
お家でもヨコの姿を思い出しながら
過せるのねーってお舞台見てないけど。
ということで、トキカケ感想です。

「じゃやりましょうかね」という
国分先輩の言葉で始まったトキカケ。
低いコーヒーテーブルに合わせて床に座り
仲良しが集まってワクワクしている感じが
なんだかいい~。
その中で「本当の裕がでる」と言われて
不安そうな裕。あ、裕って言っちゃった。

ジャニーズイケてる中年vs方言小悪魔って
ことだと理解しましたが完敗だったよね。
いヤ、それは最初からわかってはいたけど
先日も言いましたがそれよりなにより
裕さんが提案したお題の
「でも~さんが行くなら私も行きます」が
ドラマの二次会で
「横山くんが行くなら行こうかな」と
実際に某女優さんに言われたからだと
言うじゃありませんか。

色々また予想しちゃったよね。←ヒマ
最近のドラマだと水玉部なんだけど
具体的に考えるのもなんなので
ずーっと前のクイズショウの時に
「あきらめないでっ」って感じで
「横山くん行くなら行くわっ」 と
真矢みきさんに言われたとでも
妄想しておこうかな。

裕さんの打ち上げ女優と同様に
気になる松兄の予防接種。
先日トーキョーライブで
飛び入り参加されていましたが
あの時も予防接種中だったのかしら。
いつか北新地で遭遇して
ご一緒したいなー…そしたら私も
「松にぃ行くんやったらあたしもいくでぇ」
大阪弁丸出しでいうのになー…

だってヨコには大阪弁は効かぬ。
しかもトライする女子は
可愛らしい熊本女子をチョイス。
どうせやるなら面白さだろうに、
経験できるならやはり可愛い女子か。

ヨコのトライは見ているだけで
息遣いが聞こえてきそう。
目線を合わせようとせず平静を装うも
「こっちみて」と言われて「ん?」と
返すその姿にみているこちらが撃沈。
リアルな照れが伝わりすぎてーもー
みているだけでモゾモゾするーーー。

タメにタメた後に言った「行く」。
普段もそうやって精一杯平静を装うも
擦り寄られてグッときて落ちるのだな。
リアルすぎる。しかも「行く」という前に
顔に力が入りすぎたか、
鼻の高さと同じくらいにまで
下唇がでてましたよ、裕さん。

どこか男らしさを出したいのに
落ちると途端に子供になる裕さん。
先輩に「やばいっすわ」と感想をいうと
「熊本ってフィニッシュ長いやろ?」
ものすごいオチを言ってきたリーダー。
TOKIO兄さんが楽しめる余裕のある
大人の男達だからこそ、
こうゆう番組が成り立つのねぇ。

だが…ふと何かが気になった。
巻き戻す…はっ、ヨコ!!私の大好きな
裸足であぐらやないですかーい!!
ブログでもたまにいってますが
足の指までも白くて長いヨコのあぐらが
私は大好物なんですよぅぅ
なんだろうなー…なーんかセクシー。
すごはちで生で見た時は
双眼鏡で完全ロックオンでした。
あれ?あの時裸足だっけ?忘れた。
ま、いいや、 新しいの獲れたー!
イヤッホー!!

「なんなんっすか、熊本マジックというか。
久々に火照ってます」というあぐらヨコに
私が火照ってます。
なんなんっすか、あぐらマジック。
しかも裸足の足を触ってあぐら開始する
まさにその時だからいいのよねぇ。 

もう私的には鼻の高さほどの下唇と
裸足あぐらで満足だよね。
「これってデートみたいですね」って
お題提供も大してもう気にならない。
「今、好きな人いなかったらどうするの?」
なんて言われて何といったのかも
気にならないわ。
私にはあぐら映像があるんだから。

でもあぐら映像で満足しすぎたか、
その後はあぐらを探しすぎて
最初に印象よかったコーヒーテーブルが
邪魔で仕方がない。
囲炉裏にしちゃってもいいのに…
そんなこと考えてるうちに番組進んでた。 
ふと太一くんの福岡デビュー前に
ヨコが席にいないことに気づき
よーく見ると、どうやらこの
「好きな人いなかったらどうするの?」に
トライしていたのがカットされているのね。

まぁ同じような反応になるだろうし
何度もとろけているヨコをみるのも
複雑にもなるから1度でいいか。
もう一度言おう、あぐら撮れたからいいや。 

「俺、関ジャニやねんけど」は
「うん、知ってる」っていいそうだけど
そんなこと言う女子には言わないか。

ヨコの紹介画像が左手を前にした映像を
使ってくださってるのも嬉しかったな。
トキカケスタッフさんてば、
女心もわかってるぅ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。