∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

いまさらなジャニズムDVD感想です

Mステで生バンド見たあと
ジャニズムDVDを改めて見ていました。
で、やっと本編の感想が書けそうです。
というのも、私、じつは、
JBの時ほど見られていないんです。
そのことも色々考えていたんですけど
自分の好みがはっきりしているもので
そのせいなんだなーと確信しました。

あ、それは決してジャニズムが
面白くなかったとかじゃないんです。
めーちゃ楽しかったし幸せでした!!
なのでいつも以上に身勝手で複雑な
感想になっております。
サラッと読んでくださいましね。

オープニング、アルバムのパッケージと
「ニズム」という言葉からの想像とは違う
遊園地設定なのに驚いたのを思い出す。
そうかー遊園地という色んな楽しみがある
夢の世界という設定かーと納得。
ジャニズムの世界観にピッタリな
1曲目。EJコースターのおかげで
泣かずに笑顔で見始めることができました。

というのも8EST以来、最初のイントロで
泣いちゃうことが多かったんですよね。
ロマネとかイロハとかで始まるんだもん。
ブリュレのバンド始まりも反則だったな。
でもEJで舞台のショーをみるようなOPは
まさにココロオドリました。
そりゃ次の無責任も絶好調で
ヨコの舌回しもいつもより多めに回るわい。

がむしゃらでは、ふざけて泡踊るヒナクラと
わちゃわちゃする山田がかわいい。
バクステへ歩いて行くのを見るとふと
レコメン公開収録の私服姿が思い出されるが
威勢よく吹きだされた紙ふぶきの一つが
ヨコの頭に乗ったままなことの方が気になる。

RAGEはどうしても曲の見せ方が物足らず
映像で見ても残念感がいなめない。
だけど忠義さんのナイスポージングにより
跪いた忠義さんの頭をしんちゃんが
グリグリしたり、ヤスの全力「ウォー」とか
ストリングスのみなさんも「ウォー」って
して下さってるのみると少し満足。
でもやはりしんちゃんが「掴み取れー」で
手を伸ばして握るしぐさをみて
一緒にシングルやダンス曲としての見せ場を
掴み取りたかった気がします。

亮ちゃんの高音がとても響いて聞こえる。
マルはウォーついでに画面にパーン。
ああ…なるべく考えないようにしていたが
やはり愛しい曲、RAGEです…。

FUN×8、キョンシーのようだと思っていた
マルのダンスはゾンビだったことが判明。
近くにいたヨコクラが一緒にマネして
右往左往してました。山田がノリノリで
踊る仲間に入りたくて同じ動きをするも
ヤスに見られると恥ずかしいヨコよ、
どんだけシャイなんよ?

三十路は実際見ている時は爆笑しながらで
落ち着かなかったけど映像みて色々と把握。
しぶやんの踊りが終始ふわふわ。
しかもTシャツの柄が「三十路」って字に
みえないこともない。
ヤスのところでやる腰振りとか
しぶやんにギャグソロ指名されず安心して
お礼する亮ちゃんとかかわいいけど
見当違いなマルチにするなら
三十路をマルチにして、それぞれの腰振りを
ロックオンした方が良かったかもしれん。
なんやねん、あの鏡が割れたみたいな
分割画面は。ツイでも言ったけど
ゴチで結果発表の時にそれぞれの顔写す時の
分割画面くりそつやんか。

あ、あかん、愚痴に拍車がかかりそう。
コンコンコンスタントにレディーガガが
じわじわきて、これには大満足です。

マルチといえばアダムとイブをマルチにして
ヨコクラそれぞれをじっくり見られても
良かったかな…しかもこの曲のダンスは
もっとガツガツエロエロしてくれても
良かったなー…と忠義さんの腰巻風衣装を
見ながら毎回思います。ヨコは相変わらず
靴下無しで革靴履いてるように見えて
安定の石田純一風だね。

やばい、スピードアップでいかねば
長くなりすぎる。
アイスクリームではヤスの歌う時に
マイクを一旦横に離す癖にニヤニヤ。
道は落ち着いて聴けて良かったけど
PVと同じようにセンステへの花道を
線路に見立てて歩いても良かったのにと
勝手に演出考えちまう。

Masterpiaceは映像で見てやっと
それぞれが歌う箇所を把握。
声だけで大体ハモも聞き分けられたのに
この曲だけは判別できなかったのよね。
前から7人が登場した時はサブイボ出て
コレコレーこれが見たかった!!と
警棒クラスのペンラを激しく降ったのが
思い出される。だけど サビで盛り上がり
これからって時にセンステへ移動するのが
大変残念。走らず踊っていて欲しかった…

愚痴ついでにもう一つ。
ライブでも毎回完全ロックオンでみていた
フロマリのジャンプ。
あれを映像では真正面から押さえて、
じっくりと見せて欲しかったな…
でもこれは全てもっとみたかったという欲。
離れて踊るあのセクシーなフロマリこそ
マルチでみたかったという欲も隠せません。

キングのバックのダンスが思った以上に
かっこいいことに気づく。せめてこれを
しんちゃんにも合わせて踊って欲しかった。
ジャケットが帽子に引っかかって
そのままお話したのはご愛嬌ね。

ここからのソロは貴重だったけれど
それぞれのカラーとポイントが違うのは
わかるけれどヤスのが秀逸すぎたな。
好みの問題だけど見せ方の差がかなり
あった…いや、ヤスの魅力が出すぎたのか?
忠義さんと亮ちゃんはもっと顔を見せて
踊って欲しかった。ってあたし、
どんだけ踊って欲しいのさ。

絆奏と象は意外にDVD映像より
当日の画面の方が芸術的で良かったな
…と思いなが当日できなかった絆奏の
合いの手「ウォーオ」を家で楽しみました。
ロックな激しさが感じられるが
これがバンドならどれだけ痺れたか…
でもこの2曲は是非とも歌い続けて
もっと育てていって代表曲にしてほしい。 
エイトの男らしさが出る素晴らしい曲だから。
なんとかバンドで聞きたいと諦めきれません。 

そんな思いで始まったバンド。
しんちゃんのソロからヨコの音と
重なっていく瞬間がたまらない。
しんちゃんがヨコを気にして見る様子もいい。
マルがベースを奏で始め、一瞬音が空いた時
スポットライトが当たっていないけど
高まる気持ちに思わず指を動かす姿が
見えたのもたまらん。

他のバンドのライブ見てる時は
ボーカルのないインスト聴いてると
ついつい休憩時間にしちゃうんだけど
エイトの時だけはこの時間が益々気持ちを
高ぶらせるのよね。

ドヤ顔で「ドヤ顔人生」って
亮ちゃんが言った後のしぶやんの
くしゃくしゃのド最高のドヤ顔。
テンポは割とゆっくりなのに
歌詞と相まってこちらにググッと
迫ってくる感じ。
 
言ったじゃないかで弾くギターに
ドラマのうなぎステッカー貼ってる
亮ちゃんの愛情もチラリ見える。
バンド演奏の合間のこうゆう発見が
ますます気持ちを盛り上げる。 

LIFEはシングルで初めてバンド曲になり
先日も強く×3の時にも言いましたが
Mステで披露した時にドキドキしながら
見た思い出あり。未熟だけど楽しそうで
一生懸命な演奏を苦笑いで聞いたっけなと
今回も見ながら思い出しました。

ライブでは熱く男らしい歌詞が響く
大切な曲になったよね。
また私の大好きな忠義さんのソロ後の
スティックビヨーンは映ってなかったけど
バンド曲のシングルが嬉しくって
未だにあのPVを越える傑作はないと
私は思っています。
そしてライブで聞いた時の感動も。
この曲もどんどん進化していってほしいな。

つーか、Mステで強く×3とメドレーするなら
こっちを奏でてほしい気もするんだけど
ズッコケって、なんでなん? 

…とここまで書いて思ったけど
やっぱりとーっても楽しかったけど
私、ダンスとバンドが好きなんだな。
ソロコーナーも好きだけれど
それなら全員フルで同じクオリティで
やって欲しい。マルチは細切れな7人を
同時に見たいのではなく
一人一人の全身をゆっくり見たいのだと
誰にお伝えすればいいのかを
未だに考えてます。あれはいかん。

でも、相変わらずハイクオリティな
エンドロール。今回もすごいね。
見逃せないエンドロールってどうよ。
がむしゃらのリミックスもいいし
音に合わせて動きを重ねるセンスも
最高よね。ヨコの妖怪ウォッチなんて
がむしゃらに合わせてたんかと
思わされるほどね。
舞台裏が見られるのも嬉しいし、
なんならメイキング映像より
メイキングだったかもしれない。

いつもなら細かく見つけたポイントを
つらつら書くんだけど
今回は実際に見ながら思ったことを
つらつらと書いてみました。
合間かなり曲が抜けていますが、中でも
シングルメドレーでは久しぶりに聞いた
大好きな関風がとっても嬉しかったけど
ジャニズムCDにもっと新曲が欲しかったと
思ったことを最後に書かせて下さい。
すでに発売されたシングルが多すぎた。
JBでは披露しなかった曲が
あったくらいなんだもん。
 
全てはこのライブへの愛情と
今後のエイトの音楽への期待と
思って下さい。
いいライブだった!だけど
もっともーっと彼らの音楽に浸りたい。
そのためにももっともーっとブレずに
ロックオンしたハイクオリティな映像を
希望します。期待しています。 

次回、メイキング感想の予定です。
 
はー…書いたらスッキリした
もう一回本編みよっかな(笑)


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。