∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

エイトの癒しグッズがあったら…自粛

すっかり勉がリニューアルしているのに
ブログは一路真輝さんの回の感想です。
うふふ。

普段そこまで親しい関係でない年上
&人柄が穏やかでお話上手な方だと
エイトも暴走しすぎずゲストを引き立てて
お話も聞けて、内容もいい感じです。

誰がタイプか聞かれた一路さんは
「軽い気持ちでそうゆのは無理ですわ」と
照れながらもサラッと見渡した後
今回は炭鉱場からやってきた人的な
お衣装テーマがありそうな亮ちゃんをチョイス。
「(炭鉱場からきたから)男らしい」との
理由でしたが、それでも亮ちゃん嬉しそう。

でもね、聞いているとしぶやんと合いそうよ。
自動ドア開く前に入り込むとか
大きな駐車場は止めた場所覚えられず
目印を写メールするとか、行動が同じで
一路さんとしぶやんが共感しまくってる。
しぶやんが要領よしのイラチさんなのは
知ってるけど、自動ドア開く前に入るって
どこまでイラチなの。いくら小柄でも
入れないでしょうよ。

舞台の上下(かみしも)がわかり辛いって
話になり「左右で(言い方)ええやんな」と
みんながヤイヤイ言ってると
「新喜劇でみんなが出てくるところが
下手やねん!」
と得意げに言う亮ちゃん。

はは~ん、なるほどわかりやすい、と
思った私もあなたもバリバリの関西人。
必ず向かって左側に扉があって
そこから次々と笑いの刺客がやってくる。
さすが、女性だらけの新喜劇も見に行き
そのとき座長だったあいちゃんを
リサイタルで見てテンションだだ上がる
関西出身アイドルは例えも冴えてるわ。

なんでも質問する子供に対して
エイトがした回答も面白かったね。
自分の子供になんていうかという設定に

・サンタさんは本当にいるの?
「サンタさんがいるかっていうのは
僕自身わかっていないけど多分いると思うよ 」
↑生真面目で正直な亮ちゃん

・なんで勉強しないといけないの?
「勉強せええへんかったらねすごい悪い人になる」
↑答えた親父がアホやとつっこまれて
「親父が可哀想やわ」とかばうも「あ、俺か」と
言われた後に気付くヤス

・人は恥ずかしいとなぜ赤くなるの?
「それはね心が赤信号をだしているんだよ」
↑さすが!ロマンチストなマル。完璧。
これからマルが赤くなってる時は赤信号で
ピンチなんだって受け取るね

・人は何のために生きているの?
「それはお父さんも探し続けているよね 」
↑ちなみに忠義さんは昔作文で
「何の為に生きているの?」を書いたことがあり
「両親が出会ったことを否定している」と
お父様に怒られたことがあるそうな。
幼いのに聡い忠義さんがうかがえる。
いきつくとこまで行き着いた子供だったのね。

赤ちゃんはどこからくるの?
「どこからくるの…んー…元を言えば
俺からやけどな…きっかけとしたら
俺からかな」
↑自分から発信で生まれてきていることを
軽いジェスチャー交えながら答えるしぶやん。
いつから本当のことを言うか回答困るよなと
戸惑うピュアボーイな周りと違い
「聞かれた時から言ってたらいいんじゃない?」
と真摯に答える保健体育が得意な忠義氏。
そう、方向は違うがやはりこの二人は
何か通じ合うものがあるのがたまらない。

ちなみにこのやりとりの初っ端にマルが
鬼の手付けていない時に
「なんで今鬼の手じゃないの? 」と
子供に聞かれたことがあって
「鬼は家族の元に帰っているんだよ 」と
鬼も家族団らんしている風に言ったそうな。
苦し紛れとはいえマルらしい回答なのに
「ドラマゆうたらええやん」と周りに言われ
「それが難しいって話じゃないか」と
素で答えたマルが、箱根の九頭竜神社で
お参りしている最中にちゃちゃ入れられ
素で答えたマルと重なり萌えました。

したいね~んでは癒しグッズが登場。
自分のストレスを訴えないと
グッズを試させてもらえないが
イマイチストレスがうまく言えないエイト達。
「すごい都会が疲れる。海の中で生活したい 」
と訴えるヤスはルルドマッサージチェア
座らせてもらったが、その座る膝の男っぽい
ゴツゴツしたところがステキだが
マッサージチェアよりハンモッグとかに
寝かせてあげたい気分。

「かおまる」という絶妙な名前の
不思議な感触の顔型の物体を握って
癒されるグッズの試しはマルが立候補。
だけどやはりストレスがうまくいえず
「あのー…あのー…」と戸惑っている。
しんちゃんに「もう触っていき」と
勧められて嬉しそうに握ると予想通り
顔型の物体の表情をそのまま真似るマル。

こうなるとエイトの顔型を作り
エイターが好きに握れるというグッズが
つい欲しくなる私ですが、冷静に考えたら
エイトの顔7つ並べて、仕事に疲れて帰ってきて
癒されたいというより発散したいという気持ちで
片っ端から激しく握る自分を想像したら凹むので
やめておこうと思います。

ヨギボーマックスの試しは
最初の「ストレスを語ってOKもらったら試せる」て
設定全く無く試すクラマル。
これ、しんちゃんが夜ふかしで試した無印の
体にフィットするソファ」に似ていて
私も前から気になっていたのよね。
早速ネットでも調べている間にクラマルが
恋人座り(足の間に女子が座る)で
ヨギボーマックスの細長いをオールにみたてて
ふわふわ回しながら
「今、俺たちは川に居ます」て遊んでる。
もう全然商品の特徴が伝わってこないわ。

だが最も商品の特徴が伝わってこなかったのが
しぶやんがかぶった「モンデールヘッドスパ」。
なんか、近未来のヘルメットみたいなのかぶって
「勉強なるわー 参考なるわー 」って
呟いているだけなんだけど…多分察するに
それが喜ばせテクの勉強になるような
動きをみせていたということね。

しぶやんったら癒しグッズでも
そのあたり、貪欲。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。