∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

大人しくオムライスだけを食べられないのがごめんね中崎町

皆さま、Mドット様のCM捕獲状況は
いかがなものでしょうか?
私は多分4つとれているようなのですが
多分…っていうのはセリフが違うだけで
ほぼ動かない7人の違いがわからない
老眼っぷりなんです。

でもこのほぼ動かない7人が
愛おしくてなりませんな。
Mドット様のサイトにもここへきて
やっと広く情報が出だしましたので
改めてリンク貼っておきますね。
*まだまだあるらしいから確認要ですよ

さて、ここからは昨日に引き続き
まだジャニ勉感想です。
安達祐実さんの回ね。まだね。
この回は珍しく2/∞からはじまったので
とても新鮮だったな。

のっけからマルリョが子供達と絡みつつ
駄菓子屋にいってよっちゃんイカとか
懐かし気に食べてるなんて、ステキ。
亮ちゃんの子供達への接し方が
愛があっていいんだよねー。

家族じゃなくても子供達に声をかけて
叱ったりもできる人が少なくなった今、
亮ちゃんのような人が周りにいたら
いーだろうなー…って思うけど
そりゃ亮ちゃんみたいな子供にまで
「イケメン」と認められる男子がいたら
いいに決まってるわな。←そっち?

中崎町を思う存分楽しんでいるのだと
思っていたのに、じつは
京都出身なので大阪に興味なかった
などと結構ヒドイこと言うマル。
さすがに「なんちゅうことゆうねんな
と亮ちゃんも呆れてましたが、
本音なんだろうねぇ。
京都を愛しすぎての気持ちもわかるが
思いがけず楽しいとそのことが嬉しくって
テンション上がったんだろうね。
それだけ本音でナチュラルマルだってことか。

だがナチュラル過ぎて、お店の看板見て
「大口叩いているところがある」などと
またも亮ちゃんが引くような事をいうマル。
食べログランキングで上位らしいが
大阪のお店だよ?自己主張も激しいし
そりゃ大口も叩くわよ。

オムライスだけで勝負して欲しいのは山々だが
自己主張の強い大阪の店はそうはいかない。
お店の店主が「南ジョージさん」で
歌を出しておられる普通じゃない方だとか、
オムライス食べてる後ろで
ギター演奏するとか、濃すぎる。

なのに歌のタイトルが「ごめんね中崎町
だなんてドラマ「ごめんね青春」の
主役だった亮ちゃんとかぶるね、なんて
つまらないダジャレと交じらせて
言いたくなる自分が情けない。

濃い大阪の店なだけでも大変なのに
亮ちゃんが最も恐れる時間がやってきて
本当にかわいそうだったわ。
濃い大阪の店主とマルの勢いは恐ろしい。
「オレ達は関西のジャニ勉という番組に
育てられてきた〜」なんて
素人さんのギターに合わせて歌い
「へい!亮ちゃん!」なんて可哀想よ。
あ、素人さんじゃなくて南ジョージさんか。

マル、どうか今後も即興ソングなんて
亮ちゃんにはふらないであげて。
あれは誰でもできる事じゃないからね。
でも歌を絞り出そうとして悶えながら
「あああーー」って言ってる亮ちゃんは
みたいのよねぇ。グッジョブ、マル。

ジョージさんにとっても
関西出身アイドルと即興ジャムしたことは
素晴らしい思い出となったかしら。
オムライスの美味しいとこは結構あるけど
こちらはお邪魔したことがないので
いつの日かオムライスと冷コーを頂きに
いきたいな。

あ、また2/∞のみになっちゃった。
次回エイトにモテモテの安達祐実さんの
本編感想にまだ続きます…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。