∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

ヒルナンロケ様、参考でいいので「2/∞」をご覧下さい

また留まっておりますジャニ勉感想です。
うふ。瑛太くんがゲストの回で止まってます。
今回はヨコクラのアダムとイブチームが
2/∞に出発するところからスタート。
この西区新町あたりは私もよく行く場所で
見たことあるところばかりが映り
テンションが勝手にダダ上がっております

まずはロケスタートした道路沿いの公園。
オリックス劇場前にあるんですけど
ある試写会だったかの開場待ちで
だーっと並んでいた列が長くなって
このお向かいの公園にまで入り
そこにいた私は大量の蚊に襲われてしまい
試写会中もかゆくて仕方がなかった
なんてことを思い出しました。

そう、このオリックス劇場は数年前まで
大阪厚生年金会館だったんですよね。
ここでヨコはオーちゃんと舞台に出てたんだー
そんな思い出もありつつ、周りを歩くのも
乙だわね。忠義さんは腹ペコだけどね。

あの動物学校も前をよく通るけれど
カフェとか独特なお店の合間にあるから
とっても不思議な感じなんだよね。
まぁこの動物学校についてはおいといて
偶然にみつけた定食屋さんだよ。
特徴ありすぎなお店や
オシャレ感だけを追い求めた店じゃなく
よくぞこの定食屋さんを見つけたね。
さすが、腹ペコ忠義さんだよ。

このペアもとっても面白のよね。
エイト的には長男と末っ子なんだけど
決してベタベタはせず、だがどちらもが
ダダをこね、たしなめられる役割をする。
長男は末っ子のポテンシャル認めてるから
身を委ねるところが沢山あるが、
いざとなると長男ぽいところを出したいから
お店への撮影許可も率先して行っちゃう。

そう、長男はロケ慣れしているから
自然と自分から行っちゃうのね。
大阪の街の定食屋さんだから
NOがでることはほぼないだろうけれど
ササッとお話つけてくるあたりが
ヒルナンデスで鍛えられてる利点もあり。

ヨコの定食屋のお母さんの年齢が実年齢より
少しだけ若いと思っただけ、という
バラエティでのよくあるベタボケには
忠義さんに「うぅんっ」と叱られてましたが
叱りながらも超レトロなポットから
お茶を注いでいる忠義さんは貴重映像だったねぇ。

ヒルナンデスかー…
相変わらず内容がなー…って、あぶねー
また愚痴っちゃうところだったよ。
それは我慢して次へ進もう。

腹ペコすぎたのかお料理が来てテンション上がり
少しでも早く刺身が食べたいかのように
お醤油をこぼす腹ペコ忠義さん。
「あーあー」って普通に置いてあった
ティッシュで拭いていたけれど
おしぼりじゃなくてティッシュなところが
またレトロな感じよねぇ。

お母さんが飲んで欲しいなら的な
ヒルナンデスで使うお得意の流れで
飲みたいビールを無理やり注文するヨコ。
お母さんのビールがなくなったかも?発言に
やっぱりここでもヒルナン力を出してくるなと
感心したけど、ギリギリでてきたね。

この宣伝や流行ナシの飛び込みで入り
クイズで外れたら食べられませんなんて
つまんないこともなしに楽しめるのが
好きなんだよなー…だって、お茶碗もって
ご飯をパクパク食べる忠義さんの可愛さをご覧よ。
癒しもあるし美味しさも伝わるし満点じゃないの。

…わかってるのよ、番組の趣旨が違うのは
わかっているんだけれど…
少数でゆっくり話しながら目に付いた店で
食べたいたい物を食べて飲むほうが
よっぽど街やお店の宣伝になるのにな。
でもそれじゃ宣伝力が足りないんだろうね…って
結局ヒルナンの愚痴言ってんじゃん、バカバカ私。

…つーか、また定食とビール楽しみすぎて
1つしかええやんがでなかったやん(笑)
コーナー自体がのんびりすぎてハラハラするわ。
なんなら最初のヨコの舞台の思い出話しで
忠義さんがすぐに出した「ええやん」も
数に入れておいたらどうだろうか。

でもこののんびり加減に関テレの愛を感じるのよね。

関テレ、いや、ジャニ勉スタッフに私から
「ええやん」を差し上げたいです。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。