∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

すごく動いているマルが気になる永山くん

いいお天気が続いて気持ちがいいですが
みなさんいかがお過ごしですか?
私はとにかくアルバム発売が楽しみで
ワクワクしておりますが、
ワクワクしすぎると私の場合危険なので
ほどほどにと言い聞かせております。

今日は永山くんの回の勉感想です。
何せ最近ジャニ勉はすっかり2/∞にやられ
メインはこちらになりそうなくらいで
本編の方の印象が薄いのよね。
ですが、ビッグネームに弱い私が
大阪のバラエティにきてくれた永山くんを
記録しないでいられるわけがない。

だが中々のまとまりのない会話で
改めてバラエティにお出になる芸能人って
会話がうまいんだなと感心しました。
普通はこうだよね。緊張もするだろうし
なのにオチも求められるし…無茶だわな。
でもその中でブレずに自分らしさを出す
永山くんはさすが俳優さんですわ。

忠義さんとは映画でご一緒しているけれど
沙耶ちゃんをめぐる恋敵だった上に
ご一緒したシーンでは殴られるって役だし
そこまで距離は縮まっていないのかしら。
でも映画のキャンペーンではとっても
仲良さそうにみえたんだけどな。

亮ちゃんのネタではごめんね青春の打ち上げで
赤のタートルに金のネックレス、
ポマードで髪を固めた姿だったことを
暴露してくれましたが、亮ちゃん、それ、
ただのヤカラやんか。
金男のニョッキ(だったよな)イメージで
登場したんやろか。ここへきてなんでやろ。

永山くんが気になるエイトメンバーは
なんとマル。出会ったことがないタイプで
どうやら怖いもの見たさらしい。
だが、怖いもの見たさ、なんてレベルで
マルを見ていられるのなら幸せなのだ。
マルはそこから先が相手に不安と笑いと
幸せを与えるというややこしい生き物なのだ。

最初にトライした「夏」というお題で
手をチョキチョキしながら「ビーチサンダル」
ってギャグしているくらいが丁度良かったのに
後半でもまたロングバージョンのギャグを
披露してしまい、出し切ることもできず
ぐじゅぐじゅで終わる…それがマルなのだ。

マルのことを気になる理由が
すごい動いていますよね」と言ってたが
それはほぼ動物的評価の域よね。
マルをそこまで気にして下さっていたとは
ファンとしては大変嬉しく誇らしい。
後半にみせたぐじゅぐじゅのギャグに懲りずに
引き続きすごく動くマルを
見守り続けていただきたいな。

忘れ物をしやすいという、うちのヨコと同じ
性質を持つ永山くんに親近感もわいたな。
うちのヨコは鍵、携帯、財布を交互になくし
「死ぬ思った」っていうくらいですから
半年に一度車のキーを無くす程度の永山くんなら
大したことはないよね。

ヤスがマネージャーさんに
「横山くん忘れ物してない?」と
出発前に声をかけるそうだけど
これぞまさにリアル安田章大いい人伝説。
永山くんもヨコが弟に頼るように
お兄様である瑛太さんに
鍵やカードの管理をしてもらって
無くしたときはお電話するってシステムを
お勧めしたいわね。

最後になりましたが、椀子そば食べるしぶやんは
ただの蕎麦屋でゆっくり楽しんでるおっちゃん。
椀子そばのシステム無視しすぎてて
ちょっとドキドキしたけれど
これがしぶやんのいいところなので
ファンを代表して一生懸命食べた永山くんに
ここでお詫び申し上げます。

マルと違ってあまり動きはしないけれど
異様な存在感を放つ小さいおっさんがいることを
改めて知って頂けて良かったかな?


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。