∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

ティンパニーのモフモフをモフモフするヨコ

連休明けは辛いっすねー
でも頑張って働かなければ遊べないー
ってことで、今週も頑張りますよー。
力入れていきたいのでジャムの感想でも…
と思ったのですが、エレカシの宮本さんが
あまりにもフリーで笑えて、書く感想も
力抜けてしまいそうですわ。

できるなら私も、朝から時間がかかる剛毛を
宮本さんのようにくしゃくしゃにして
ロックテイスト貫いて出勤したいもんです。

宮本さんの様子を見て「なんか起こるぞ」と
構えていたしんちゃんは臨戦態勢。
だって哲太さんは完全に珍獣みるかのようだし
なんといってもマルが共鳴してしまうと危ない。
説得力のある奔放ならいいんだけど
マネしたつもりのただのぶっ飛びは
深夜といえど音楽番組では控えるべし。

でも宮本さん、めっちゃ頑張って下さったよね。
あの宮本さんにフリップ使って、
自分のこだわり語れだなんて無謀よ。
それが返って意味のないことだとわかって
よかったかもしれないな。
普通にフリップもって語れるのは少数で
どちらかといえば後半の便利なはずのグッズに
首かしげながら突っ込んでる宮本さんの方が
大変面白かった。的を得ているし、共感したわ。

昔、ラジオのヘビロテだったかで繰り返し聴いて
特徴ある声に魅了されて調べたお名前に
エレファントなの?カシマシなの?と
1人ツッコミしたのが懐かしい。
あれ以来の新しい魅力を再発見致しました。

「俺たちの明日」は渋かったなー。
しぶやんと宮本さんの足の踏ん張り角度が同じで
苦笑いしちゃった。歌に入るとこれだから
アーティストたちは美しい。
亮ちゃんのギターもよく聞こえたし
ハモりもよかった。
宮本さんが最後握手求めてくださったのも嬉しい。

こうゆうの、一緒に成し遂げた男たちにしか
わからないつながりと共感があっていいよね。
熱くって一体感があっていい。ええもん見たわ。

それと相反してchayとのジャムの可愛かったこと。
この正反対のアーティストさんの特徴がまた
一緒にジャムさせていただくエイトにとっては
財産になるわね。

私、案の定、若い方のことは存じ上げなくて
初めてきちんと拝見し拝聴したのですが
とても可愛らしい安定した歌声でステキだね。
しぶやんのハモりが控えめでもあったけれど
味がある感じに重なっていたし、何よりも
演奏が難しそうで、しっかりしたバックの中
マルの高度なベースも引き立ってよかった。

ヨコのティンパニーが、合間に…というよりほぼ
前に設置したタンバリン叩いてて、
ティンパニーのモフモフでタンバリン叩くから
モフモフ部分がますますモフモフしてきて、
たまに手でそのモフモフをモフモフしてるのが
可愛かったわぁ。←なんのことかわかる?
モフモフした毛をヨコが整えてたってことね。

ところで、又吉さんの音楽講座で
真心ブラザーズのCDを
すばるくんに誕生日プレゼントでもらった
と、誇らしげに披露してくれた亮ちゃん。
差し上げました」と恥ずかしそうなしぶやんも
亮が好きそうやから」と気まずい愛全開で
そりゃもうこの瞬間に多くのエイターが
悶えたことでしょうな。

「すばるくんが作ってくれたタラコパスタが
めっちゃ美味しかった」以来のエピソードで
超ほのぼのしたわ。
しぶやんはよく亮ちゃんにCDあげてるイメージだけど
それだけ好みをわかってるんだろうなーニヤニヤ。

こうゆうのがあるなら音楽講座もいいんだけどな。
又吉さんが命名した「線香花火」ってコンビ名が
「一時的ですぐに勢いのなくなる物の例え」
って意味だったって話もジワジワきて
さすが又吉さん♪と、もってるネタに感心。

そこで語られる思い出の曲を
エイトが演奏して歌ったらどうだろう、なんて
身勝手なことも思いついてみたけれど
そんなことしたらゲストさんのお時間が減るから
あかんな。自分で自分の提案、即却下。

やっぱり…この音楽講座をゲストさんから
広く深く受けるつもりでトークするってのでは
あかんのかいな。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。