∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

とりあえず生一丁からのけんちん汁でしめる居酒屋

昨日はみなさんからも当落のお話しお聞きして
悲喜こもごも…でもいつも感心させられるのが
ブログに来てくださる方がヤケになったり
卑屈になったりされることなく
気持ちを書いてくださるのが嬉しくて
いつもありがたく拝見しています。
本当にありがとうございますーー。

読み逃げで」と言って下さる方もいらっしゃいますが
本当に遊びに来てくださるだけで嬉しいので
気になさらなさらないで下さいね( ; ; )
でもその中でコメントくださるのは勇気がいって
その分気持ちが嬉しくて、なるべく記事アップより
優先してお返事書いて掲載させて頂いています。

勝手に個人が書いているブログなので
共感したり伝えたい事があれば書いていただき
少しでもエイトのことを楽しく考えられる
時間の1つになれれば幸いです。


さてさて、そんな私達を熱くさせるアイドルは
自分の憧れの人に会うと、私たちと同じように
喜びを素直に表現してうれしさを溢れさせ、
幸せをかみしめるようです。
前回に引き続き、2週にわたってスバラジゲストに
ヒロトさん&マーシーさんをお迎えしたしぶやんは
声を聞いているだけでもたまらない様子が伝わります。

今回も初っ端から面白かったですねぇ。
まさかのマーシーさんが福山様ご結婚のニュースに
ましゃロス」になっているとか。
ヒロトさん曰く「流行に乗っているだけ」らしいですが
マーシーさんが流行に乗りたがっているのがまた
可愛いらしいじゃないですか。

この日もふつおた絶好調でお母さんに
トータス松本さんかヒロトさんみたいな人と
結婚して欲しい」と言われた10代の娘さんに
「まずはトータス松本さんにガッツだぜ」といい
「お母さんとお付き合いしたい」
ともおっしゃったヒロトさんの返しがシャレオツ。
渋く淡々と返すヒロトさんの声がいいのよねー。

それらに嬉しそうに爆笑するしぶやん。
ラジオにお呼びしていることを恐縮しつつ
うれしさが隠せない。
コーナー進行も気を使いそれでもあえて選んだ
「ザッツ下ネタ」にも「お付き合い下さい」と
控えめに言ったことにすら
しぶやんの気持ちこもっててドキドキしたわよ。

ところがこの下ネタコーナーがお二人にはまった。
けんちん汁」は「ちんと汁でもうダメです」と
異論なく下ネタに認定。
とりあえず生で」には「自分の青春時代を捧げたい」
と感心するヒロトさん。
「生(ビール)を何丁も頼むしね」と楽しそうで
居酒屋のメニューのようにストーリーがあると
偶然とはいえ選んだ下ネタに大喜び。

これらの投稿が女の子であることを確認すると
「こうゆうのにジュンとしてんだなぁ」と
ものすごい表現で感心しておられて、
最後には「すごいリスナーがついている」とリスナーのクオリティを大絶賛して下さって…
恐縮です←いや、私じゃない

ただの下ネタへの感想でも
渋い大人の男たちが淡々と語ると
高尚な話をしているようにきこえるから不思議よね。

本当にスバラジリスナーの投稿はすごいわ。
調子に乗ってる感じがなく、ツボをついている。
それはスタッフのチョイスもいいだろうし
なんでもいいとは思わせないしぶやんの返しと
細かい反応をみんなキチンと聞いてきるからだろうね。
偏ったリスナーに頼ることなく、
内容重視で作っているのが素晴らしいわ。

楽しんでくださったお二人は最後まで温かい。
感心したリスナー達に
「これからも渋谷すばるを宜しくお願いします」
と言ってくださったヒロトさん。
マーシーさんに至っては「アイウィルビーバック」
とタメて言うと、かぶるくらいのタイミングで
「迷惑だよ」とすぐに突っ込んだヒロトさんとの
計算されたかのようなやりとりよ。

お二人のお付き合いの長さと信頼関係がうかがえて
とても微笑ましかったです。

渋谷すばる側として「よろしくお願いします」と
言われるのが、可愛がってくださっているんだなーと
感じさせてくれて、ファとしてもたまりません。

ぜひ、また帰っていらしてください。
そしてうちのしぶやんを幸せにしてやって下さい。
のちのちその幸せが私たちに回ってきて
こうして世界平和が作られるのだと思います。
そして、しぶやんが自分の宣伝より熱く伝える
お二人の活動が何よりで、
いつまでも憧れで追いかけさせてあげて下さい。

でもしぶやんよ、そこから自分の表現みつけて
よりデッカくなっていってね。
ヒロトさんやマーシーさんにはなれないから
渋谷すばるらしさを見せてね。

そんな熱いしぶやんの表現がみられる
アルバムとライブがもうすぐ、もうすぐ


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。