∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

名前をカッカコに変えようか検討中

今週の中頃にやっとジャムを再生して
今はどっぷりジャム曲に浸っております。
やっぱり楽しいジャムはいいねー
今回のジャムは本当に良かった。

和義さんはパズルでお世話になったお話を
自分たちの音楽番組でできたという感激が
今更ながらジワジワくる。
和義さんが「亮ちゃんだけは泥酔してた」と
亮ちゃん呼びしていたこともジワジワ。

あのパズルコンでは音楽的な部分の階段を
グンと上ったと思っているのよね、なんて
語り始めるとまたパズルコン見たくなるので
やめておくか。やめておこう。
…やめておくといえば…あのー…言い難いですが
もうそろそろお掃除グッズコーナーは
やめておいてもいいんじゃないでしょうかね。

大人の事情があるんでしょうけれど
そもそも和義さんの「フローリングを掃除機で
ゴミをすった上に拭いてほしい」ってオーダーを
全然汲み取ってないし、それならグッズ紹介も
意味がないじゃん。あっもちろんこれは
紹介している芸人さんのせいではなくって
コーナー自体の問題だと思うんだけどね。
いや、これくらいにしておこう。止まらねぇ。

だって今回もジャムは最高だったのよね。
和義さん大好きな亮ちゃんが嬉しそうな姿が
見られるのももちろん幸せなんだけれど
それ以上にジャムのクオリティも高かった。
歌のパートわけも細切れでないから
亮ちゃんとヤスの歌もしっかり聞けるし
和義さんとのハモりも良かったけど
ヤスが最後に「フー」に徹したのもなんだか
グッときた←なんで
なんだろ、ギターのセクシーさとの対比かしら。

そしてやはり和義さんの存在感たるや…
さっきまで女性の手元見て「18歳くらいの
看護師見習」だのと予想して楽しんでいた
おっちゃんにいちゃんだとは思えない。
(↑中年なのにおっちゃんとは言わせないくらい
若く見える男性への大阪女子が言う賛辞の一つ)
帽子とギター着装しただけであの佇まい。
声を出した時の曲への説得力と安心感。
和義さんでないと表現できない感じが
たまらないのよね。

それって大原櫻子ちゃんが言ってた
クニタチからのジャジャーンと一緒で
ギター奏で始めた時のあのかっこよさが
最高なのよね。こんな風なメリハリある男に
エイトがなってほしいと願わずにはいられないわ。

そう、そして大原櫻子ちゃん。
ごめんなさい、相変わらず若い方に疎い私。
改めて知りました、歌も上手ですっごい可愛いね。
水玉部くらいの知識しかなかったの、すみません。

「瞳」をジャムさせていただいて
めーっちゃ感動しました。
ジャムの中でもかなりの上位に入りそうです。

ヤスの紹介で出会ったしぶやんと
見つめ合いながら歌うも、その隙間から
ヤスが切なく見つめているって設定があるって話が
さらに歌にストーリが入って良かったけれど、
私にはヤスは二人を祝福しているように見えたし
いや、むしろ歌い始めに見つめ合っていた
松原.の方がラブラブにも見えて切なさ倍増でした。

「生きること」って歌詞で
しぶやんが足を踏みしめた時に
なんだかギュンってなったな。
大原櫻子ちゃんが歌の感想を言ってる言葉を
しぶやんが愛しそうに見つめて聞いている姿も
ギュンときた。多分歌った感動が合って
大原櫻子ちゃんへのスペクトだったんだろうな。

いい歌だなー。嬉しいなー。
こうしてジャムでいい歌に出会える喜びが
たまりません。

いきものがかりの水野さんの講義も
素晴らしかったです。
単純に聞いていた曲にそこまでの計算があるとは
ちょっと引いたところもあるけれど(笑)
ヤスや亮ちゃんが作るエイトの歌で
これからは母音の「あ」で始まる歌が
増えてくるかもしれないわね。

ちょっとだけ私の名前も
「caccaco(カッカコ)」に変えようか検討中です。
ブログタイトルは変えられないしな。

計算高くてすみません。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。