∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

大阪城ホールへは京橋からがおススメです

ジャニ勉感想です。
前園さんの回の2/∞はヒナヤスペアが登場。
京橋の交差点でロケとはいえウキウキしている
二人が可愛らしい。

京橋に来たことないという尼崎生まれのヤス。 
あり?同期の錦戸さんとこに
遊びに来たことはなかったのかね?残念。
せめて京橋で乗り換えたことくらいは
あると思ってたんだけどな。

だって岡田パイセンの次にひらパー兄さん
(勝手に)(私だけが)継ぐのは亮ちゃんだと
狙っているくらいの京阪沿線なんだけどな。
しぶやんとかは亮ちゃんの部屋に上がって
足の踏み場もなかったなんて話をしてたから
たまに遊びに行ってるんだと思ってたよ。

そしてしんちゃんの京橋話ね。
大阪城ホールであったジャニオーディションに
京橋で降りて歩いて行ったヒナママのセンス。
次の大阪城ホール前で降りる方が断然近いのに
なぜ京橋で降りたのかしら。

オーディションへの道のりを楽しませたのかしら。
人気者への道は厳しことを伝えたかったのかしら。
いや、あのキラキラした所を歩きたかったのかな。
IMPホール前とか通りたかったのかな?
ホテルニューオータニ前も通りたかったのかな?

その類稀なるセンスのおかげで合格したのならば
今後私も大阪城ホールへは京橋で降り、
あの真直ぐな道をヒナママロードと名付けて
歩いて行きたいと思います。

その話ですでに「ええやん」を出す二人。
まだ歩き出してもいないのに一つ目のええやん。
歩き出したら歩き出したで
昼間に大阪歩くのも久しぶりでテンション上がり
「嬉しいわ~」と喜ぶヤス。

道行く人に帽子をとって挨拶するしんちゃん。
電柱に虫を見つけて「こんな奇跡あります?」と
大興奮の天使ヤスはここでも「ええやん」。
昔ながらの喫茶店見つけては「ええわー」。
トーストが200円で「ええわー」。
京橋を楽しそうに歩く二人が癒し映像ですわ。

地図にあったお店「とん両」に到着した二人。
準備中で閉まった自動ドアを手で開けて
取材交渉を進めるしちゃんに
「うちの村上がやってくれました」と
感心するヤス。このヤスのたまに見る
テンションの高さを自らバランスとりつつ
嬉しさを冷静に伝える感じが好きなのよね。
特にメンバーを褒める時に出るの。

こんな二人が京橋のお店で盛り上がらないはずがない。
安いわ、美味しいわで大喜び。
しんちゃんの「めちゃめちゃおいひー」は
イフオアでの女性演技を思い出させる。
ヤスと二人だし、ヒルナンより楽しめてるよね。

ビーフシチューをせーので食べ、
ビーフシチューのコク、半端ねー」と
いうヤスの感想を聞きちょっと感動。
そう、「コク」の使い所はココ。
「コク」をちょいちょい間違った場所で
使っちゃうヨコにもぜひ教えてあげてほしい。

あまりに楽しそうな二人に
ご褒美のように出してくださったビール。
小さいけれど冷えて美味しそうなビールを
恐縮して手に持ち「仕事中に飲まれへん」と
いいながらも何かタイミングを計っている。

「乾杯だけしてみる~?」と乾杯して
ビールを飲むと「飲めるな」と
同時にウンウン頷きながら呟いたヒナヤス。
長年のお付き合いから通じ合えるのね、
タイミング、表情、表現、全てがバッチリ。
これぞエイトの芸だと思いますわ。

1軒目にして番組から渡された地図を
完全に信用した二人。
まだマルリョが行ったような雑貨屋さんが
含まれている可能性があるかもしれないことを
知らないのであろうな。

ビールを飲んだ後つぶやいたヤスの
「幸せやな」がしみる。

京橋を楽しむ二人の姿がしみいります。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。