∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

広く長く続く番組をください

昨日はTOKIO兄さんのDASHで阪神電車との対決があり
勝手に大盛り上がりしました。
元々阪神電車には思い入れがあり
最初の対決の時も見ていたので感慨深い。
しかもアラフォーになった兄さんたちの踏ん張りは
アラフォー女にとっても励みになる。

しかも、陸上部だった私にとっては
4Kと言われるリレーで大活躍された高平選手が
指導されるとあってテンションダダ上がりですよ

そしてタイム的には明らかに下がっているのに
アンダーバトンパスと計算された組み合わせで
進化したはずの阪神電車に2度目のトライで勝利し
喜ぶ兄さん達の姿にはうるうるしました。
なんて格好いいんでしょうね。やっぱりすごいわ。

で、なんだか先輩の素晴らしさに盛り上がっちゃって
先日大好評だったV兄さんの「学校へ行こう」を
編集がてら見直しててまた泣くほど笑っててね、
あ、そうだ、今日はヤスのイチゲンさんだった
あぶないあぶないと思い出し、
始まる数分前にスタンバイしたんだけれど
なんだか不安しか感じなかったので怖くなって
数分でまたV兄さんに戻ってきて
久々に見た軟式グローブで泣くほど笑って
健くんの涙にもらい泣きして満足しました。

ああ…いい時間だった…

ジャムは遅れ放送にもほどがあり、3時過ぎ。
前日からこちらにも不安は感じていたので
朝から再生させることもやめました。
今日、帰宅したらイチゲンさんと合わせて
ゆっくり見たいと思っています。

でも、兄さん達の勇姿をみて
エイトの10年後へのなんとも言えない気持ちが
湧き上がってきて期待と不安が入り混じります。

全国放送で、ずっと続けられている番組と
今、同じことをやっても楽しい番組を
持っていた兄さん達の愛され方は素晴らしい。
もちろん、兄さん達の絆と信頼関係者も。
続けてこられるってすごいんだよな。

前にV兄さんのスペシャル番組で「学校へ行こう」が
「終わるのが想像できなかった」って話をされていて
その後、精神的にも色んなこと乗り越えてきて
20周年で復活したら今も変わらず楽しくていい番組で
みんなに20周年を祝福されたエンディングでは
感謝で気持ちが溢れた健くんの涙がたまらなかった。

エイトの10年後はどうだろう。
彼ら自身が変わらず、お互いの絆は深く
頑張ってることにはなんの不安も心配もないし
むしろますます楽しみでしかたがないんだけど、
それを表現できる場があるだろうか。

愛され続けて長く継続できているジャニ勉が
あくまでも地方番組であるのが残念でならない。
期待した仕分けは迷走したまま終わり、
期待しているジャムも現在完全迷走中。

彼ら単独で頑張ってるクロニクルは全く
全国放送する気はなさそう。

エイトといえばコレ!といえる堂々とした番組が欲しい。
コレ、面白いでしょと、誰もが知ってて広くいえる
番組が欲しい。
彼らのトライを安心て続けられる安定した番組が欲しい。

それがクロニクルやジャムでできるようになれば
それでいいんだけど…なかなか難しいね。

まずはクロニクルを全国放送にしよう。
そしてジャムが音楽番組だってことを
みんなが思い出すことから始めよう…
ってのは、本当に難しいことなのかしら。

こうして考えるたびに不安になり
兄さん達の素晴らしい姿に
逃げる時間が増えていきます…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。