∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

世界のビーバーにマイクをお貸しする忠義氏

昨日夜遅くに帰宅してからMステ見ました。
ジャスティン・ビーバーが出ると知ってから
エイトが同じ画面に映るのかーと
ミーハー心からドキドキしていたのですが
思ったより絡めて楽しかったな。

海外アーティストがMステに出るときって
あまりの雰囲気の違いに見ている側が
気を使いそうになって
日本の歌手をどう思ってるだろとか
この曲どんな気持ちで聞いてるんだろとか
毎回気になって仕方ない。

そんな気にしぃな私が目にした
ひな壇に座るビーバーの横に座った忠義氏。
アルバムランキングのドリカム様映像時には
ビーバーに肩を叩かれながら話しかけるも
遠目に見ても全く通じてない感じが 
ガンガン伝わってくるではないか。

ええわー、さすが忠義さん。
実は海外ゴシップネタが結構好きで
雑誌でよく読んでいるけれど
そんな雰囲気は一切出さずに
ビッグネームに媚びることなく座っていられる
あの空気感が素晴らしい。

これがしんちゃんなら気を使って仕方ないだろうし
ヨコならどうしていいかわからないだろうし
しぶやんなら身動きもしないだろうし
マルなら動きすぎてややこしいだろうし…
亮ちゃんはクロニクルで鍛えられたヒアリング力が
活かされて喜ぶかもしれんが
ヤスはあまりにニコニコ可愛いから
お持ち帰りされるかもしれん。それは困る。

日本のアイドルの端正な美しさをお見せするには
忠義氏の横顔は最高であろう。
ビーバーにも気に入っていただけたと思う。
だからこそのドリカム様時や
エケビ様を送り出した後の語りかけよね、満足よ。

だからエイトのしゃべる時間にエケビさんを気に入り
どうしても伝えたい彼女たちへの賞賛のために
忠義氏の差し出すマイクに持ち替えて喋りかけたことも
笑って見逃そうと思います。
だってあのマイクを差し出している時の忠義氏の顔よ。
口だけ笑って目が座り、マイク音確かめて差し出した
あの一連の動きが妙に面白かったわー。

ビーバーへの質問イングリッシュが全く通じず、
通訳さんにリピートされたヨコ。
エイター誰もがクロニクルのハルカを欲したでしょう。
ヨコのふわっとしたイングリッシュを聞き取れるのは
ハルカだけなのね。もしかしてヨコのイングリッシュは
ロシア訛りがあるのかな。

そしてやってもいないゴルフをミートゥーと
嘘ついてのっかったヨコ。
ヤスがミートゥーって言えばいいのにって
ワクワクしてたんだけど…てかヤス?髪どした?←今更
今度はまた赤毛からのチリパーやないの。
ま、いつものことだし捨て置くか…。

亮ちゃんの誕生日ネタも可愛かったね。
ヨコ兄とお揃いになったジャケットの写真にほっこり。
侍唄も最初の入りがCDと違ってバンド感あって
私はこっちのが好きだわ。

最後、すばりょが高らかにハモり、
みんながなんとなく顔を見て笑いあい
しんちゃんのキーボードの響きに合わせて
ジャーンと終わらせた最後に
ヨコが鳴らしたシャララーンを腕全体使って
止めるのがちゃんと映っててとても満足。

やっぱり歌番組で新曲歌えるのはええわー。
当たり前のことなんだけどありがたです。

エンディングにビーバーに約束した
ヨコのゴルフ。
安心してください、誰も信用してませんよ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。