∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

7人でエイト

いつもならあれこれ思い出してメモして
まとめてからブログを書くのですが
オーラス後はもう気持ちがグチャグチャで
帰り道に何かに追われるように
ツイで感じたことを流しました。

情報だけで心配しているであろう友人や
忠義さんファン(あ、私は「担当」という
表現は苦手で使えません)の方への
なんというか、たまらない気持ちで
とにかくオーラスが無事に泣き笑いで
最高で最強のライブになったことを
シェアしたい思いに駆られたんです。

なのでツイを見てくださっている方には
テロのような流し方して申し訳なかったです。
でも受け取って頂けてありがたかったです。

最初にいつもなら始まる公演注意の映像前に
黒いパーカーを着て並んだエイト。
一瞬オーラスだから何か特別なの?と
厚かましくも思い、でも瞬時に何か違う、
何か足りないと思うと気付いたらもう
双眼鏡持って「忠義さんがいないっ」と
叫んでいました。

しんちゃんが詳細を説明してくれるまでに
あの昔のお詫びを思い出して 
たまらなく不安で、落ち着かなくて
気分が悪くなりそうにもなりました。

あの数秒でこれだけの考えが出たことに
驚きましたが、その後に聞いた
忠義さんが腸閉塞でライブに出られないには
ショックと、状況がつかめない不安にぐるぐる。
だけど安静にしていれば大丈夫としり
一瞬よぎった最悪の言葉じゃなくてよかったと
少しホッとしたのも事実です。

ごめんなさい。怖くて。
最近の事務所のいろんな出来事で
いろいろ思い出すことも怖くて。
本当にごめんなさい。

忠義さんがいないことを6人が頭を下げて
彼のためにも6人でライブしたいけれど
それをみんなに了承してもらわないとできないと
聞きに出てきてくれて、みんなが拍手で同意すると
「大倉のためにも頑張る」と言って
「着替えてきますっ」と元気にはけていきました。

いつもなら生映像に切り替わって
7人の円陣を見るけれど
今回はマルが「みんなも一緒に」と誘い入れると
観客席側にしんちゃんがマイクを向けて
しぶやんがカメラ目線で招いてくれて
全員で気合い入れ。もうそれだけで泣けてきて
ライブスタートです。

最初に忠義さんのうちわを見せたのはヤス。
お腹に差し込んでいたのをぺらっとめくって見せると
そこからメンバーが次々とうちわを持って
忠義さんが歌っているかのように顔に持ってきて
楽しげにカメラに見せるの。

よく見ると床下で機材を操作しているスタッフが
うちわをフリフリもしている。もう忠義さんが
みんなの愛であちこちにいっぱいいて笑える。
泣きながらね、笑えるのね。

バンドではドラムセットそのまま。
あの忠義さんの後ろ髪を吹き上げていた
送風機も置いてありました。バンドの方が
ちゃんとドラム弾いていたけれど、肝心の
バンド締めがなく静かに終わることもあり。

常にメンバーが「大倉」という言葉を言い
歌い、踊り、カバーもするけれど
忠義さんがいない違和感は忘れられず
それだけ存在は大きく、
それだけメンバーの想いも深く、
時にはいないことで爆笑させられるのに
またいないことで泣かせられるという
感情グチャグチャな時間でした。

しぶやんは大山田のユニットに登場して
ヤスマルに常に誘導されつつも
忠義さんのうちわ振りながらワチャワチャして
大爆笑させてくれたのに、侍唄前の挨拶では
「悲しい思いをした人もいると思う」というと
一気に感情が溢れて涙が溢れて、泣きながら
「6人でも7人でも…8人でもいつもこれが
関ジャニ∞ですってやってる」と泣きながら
でも涙を拭きながら言ってくれました。
ライブをここまで進められた安堵と
だけどファンの思いと不安とプレシャーと
いろんな気持ちが爆発した瞬間だったと思う。

なのにね、元気が出るって言っておいて
アンパンマンが顔あげすぎたみたいに
お前が元気なくしてどうするねん、
これって壮大なコント見たいやろ、って
腸閉塞とライブをコント呼ばわりして笑わされるし
前日いつも通りめっちゃご飯食べてたし
なんならガスピタンで治そうとしてしとか言うの。

「言ったじゃないか」でも腸閉塞ネタてんこ盛りで
マルが最後に「言わんこっちゃない」っていうし
いつもなら感動の元気ソングもどこか明るく
「ずっと一緒」を忠義さんのうちわに語りかけ
最後に亮ちゃんの「呼べるまでー」が
「お大事にー」に替え歌されてここでも爆笑。

もうね本当に感情グチャグチャですよ。

しんちゃんはいつものライブへの感謝の拍手で
オーラスにはいなくても同じ気持ちでいる
エイターにも拍手をって即しました。
ヨコは大倉ファンに拍手をって即しました。
それでね思ったの。

たまたまオーラスに起こったことだけど
これはいつどこで起こるかわからなかったことで
エイターみんなが心配して不安でいたろうし
とにかくこのピンチを踏ん張れたのも
北海道から始まってここまでみんなが歌を聴いて
一緒に歌って支えて来たからで
みんなが支えてこの日を迎えたから
乗り越えられた1日だったと思うの。

それを爆笑と号泣で埋めてくれたエイトと
全スタッフに改めて感謝します。

そしてやっぱりどこかで
このままでずっといられたらと思うけれど
このままでいるには彼らの努力は計り知れず
それをずっと応援できる強いファンでいたいと
強く強く思います。

規制退場の案内が入っているのに
Wアンコを求めた私たちに
改めて登場してきてくれたエイト。
当然始まると思った歌は歌わず、それをまた
「エエーーー」と渋る私たちに
「それは7人揃った時に。6人では納得できない」
と気持ちは固く「わかってほしい」と言う6人。

もうこんな男の姿見せられたら
素直に拍手して見送るしかないです。
私たちはエイトが歌って踊って演奏することを
普通に見ているけれど
それは7人で積み上げてるものだから
その1人が居ないことを一番気に病み
悔しい思いをしている仲間のために
頭下げられたらワガママなんて言えないです。

「こうやって笑えるのが俺たちだし
言わなくてもわかってる絆は深い。
だけどまだまだ頑張らなあかんってことだと
思った」と自ら鼓舞する彼ら。

またライブに来てってお願いしてました。
忠義さんファンには申し訳ないけれど
また1年待って来てって笑いながらだけど
心込めて言ってました。

あとは忠義さんが1日も早く回復して
また弾ける笑顔を見せてくれるのを
楽しみに待つしかないです。
でも無理せず、ゆっくり休んで
またご飯もりもり食べて帰ってきてほしい。
そしていつか笑ってこのライブのことを
話せるようになって欲しい。
いっぱい泣いたけどいっぱい笑えたし
これが彼らの元気ライブだったから。

待ってます。
7人が揃うライブを。

元気ライブ、オーラスも最高で最強でした。

いつも通りまた少しずつMCなど感想も
書かせていただきますね。

少しでも思い出の振り返りの
お手伝いができれば幸いです。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。