∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

長瀬くん、夜ふかし夫婦に挟まれる

先週のことですが
夜ふかしのゲストにTOKIOの長瀬君が
来て下さいましたね。
しかも、珍しくしょっぱなからのご登場で
最後の試食までたっぷりいて下さったので
豪華で楽しい回になりました。

しかしエイトが出演する番組で
これほどに事務所の方が
番宣で登場してくれる番組ってないよねぇ。
マツコが出演していて話題とはいえ
深夜帯のクセのある番組なのにさ、
ある意味この番組にゲストででることが
ステータスにさえなっているのでは
ないかとさえ思うわ。考えすぎ?

それはもちろんジャニーズ事務所にとっては
しんちゃんという存在あってのことだけどね、
内容濃いけれどしんちゃんがいるから
安心して出られると思えるんじゃないかと
勝手に思っているの。考えすぎ?

そんな安定のしんちゃん、
ドラマの番宣できた亀梨君だと決めつけて
「亀梨か?呼ばんとこ」といわゆる
「キレイどころのジャニーズ嫌い」な
汚れキャラを押し通して笑いを誘ってる。

「ゴーイングでやったらええ」と
あくまでも呼ばないスタンス。もしくは、
来るなら「俺も一回ドラマに呼んで」と
ただでは呼ばない頑ななスタンス。
だがしんちゃんがドラマに出るメリットを
活気がでる」と言い切ったのに爆笑したわ。
しんちゃん、あなた、祭りやないんやから。
話題になるとか幅が広がるとか
もっとええこと言うてもよかったんやで。

「キレイどころのジャニーズ嫌い」が
長瀬君の登場により言いにくくなり
普段もご飯を一緒に食べに行くという
仲の良さをだしているのにもかかわらず
たまたま着ていたベージュスーツすら
「近所の雑種にエサをやっているようなもの」
とマツコに比喩される始末。だが長瀬君も大爆笑で
二人の阿吽の呼吸に感心して下さってる感じ。
いいわよ、とてもいいわよー。

そもそも長瀬君と絡めるのも俳優部門たちが多く
それも長瀬君と共演することを登竜門的な
感じだと(私は)見ていたので
忠義さんが「歌姫」の初連ドラで
長瀬君と共演したのがすごく嬉しかったなー
なんて思い出しました。

それだけ長瀬君の存在は
先輩としても意味があって大きい。

だからこうして長瀬君がゲストにきてくださって
エイトが次のステージへ行ったんだなって
勝手に感じて嬉しかったなー。
それもこれもしんちゃんの頑張りと積み重ねが
あってこそなんだけどね。
こんな風に人気番組として憧れの先輩を
ゲストにお呼びできるとは本当に感激です。

しかもこんな憧れの先輩が来ている時に
しんちゃんのネタになり、なんと
タワレコ西武高槻店がとりあげられて
しんちゃんへの愛が叫ばれるなんて…
タカツキングだのなんだのといじられても
かっこいいってことを自覚してほしい
という本当のファンの声がTVで発表されて
嬉しかったわよ。

「何にでもまっすぐで努力の人」と
しんちゃんを表現するスタッフさん。
薄っぺらいファンでは言えない表現に
多くのエイターが拍手を送りましたよ。

そこからは3人で仲良くおやつランキングを
楽しげに食べてるのがかわいらしくて
とにかくご機嫌に拝見できました。
常にマツコが一気食いしようとするのを
「息継ぎせえ!」と叱ったり
長瀬君にお触りしようとするのを止めたりと
マツコの監視員のようなしんちゃん。

だけど結局仲がいいのよね~
おいしかったおやつも二人のチョイスは同じで
「やだーこんな男と味覚があうなんて」と
嫌がるマツコも流れ的にはおいしそう。
長瀬君を触る腕を無理やりはずされて
大阪帰れ」「まだ帰らへんわ」と
痴話げんかする二人の間で
「夫婦げんかに挟まれた子供みたい」と
笑いながら言う長瀬君。

もーなんだかすみません、
夫婦漫才に巻き込んじゃって。
でも光栄です、長瀬君を間に挟んで
いつもの調子でワイワイやってる二人が
とっても楽しそうでした。

しかし、何気に聞いたしんちゃんの
まだ帰らへんわ」発言が気になった。
オーソレでの挨拶でもいずれは帰れる場所として
大阪を思ってくれているのは嬉しかったけど
簡単には帰ってきちゃダメよ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。