∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

叱って欲しい女

女の願望。
好きな男に叱って欲しい」って
愚かだけれど深い願望ですよね。

単に叱られる行為がたまらないという
ドS気質の願望と
叱られると自分のことを考えてくれているのが
伝わり、その気持ちにたまらなくなるという
精神的に満たされたい願望と
絡み合って複雑なように感じます。

そう、何の話かというと
ニッチェさんの回の勉でみせた
「男性に怒ってほしい」という
二人の願望にこたえるために
怒る芝居をやってのけたエイトに
ただただしびれたんです。
部分的なリピも激しく、
自分でも何やってんだろうと
呆れるほどでした。

…とここでよく言われる表現のことを
確認しておくと
「怒る」というのは一方的な感情で
「叱る」のは相手のことを考えての表現だと
言われていますよね。
私もこれは正しいと思っているので
あえてここからは「叱る」と言わせて頂きます。
だって、一方的に怒鳴られるのなんて嫌だもん。
自分のことを考えてくれるから嬉しいんだもん。

亮ちゃんの「知的に理詰めで」叱る感じ。
最初のトライだったし面白くしようとも
思ったんだろうな、ヒザのけがを見つけて
「それと(唇に付けてる)グロスは別やで」なんて
こんがらがった感じも私は好きだったな。
叱りながらも膝小僧見られていると思ったら
普段はゆるんで開き気味な内腿に力も入るし
一石二鳥で女度も増しますでしょ。

叱られた後にプッと笑えたりして
お互いに気まずさから抜け出た瞬間に
親密度も深まるってもんですよ。
はぁ…叱らて女度増したい…

ヤスの叱りもステキ。
完全に俳優スイッチがオンされてたけど
どこかヤスの素の部分なのかもと思うと
ドキリとする。静から動へ一気に駆け上がり
「ちょっとは持てや!!」と声も荒げて
表情も変わった瞬間にぞくっとしたな。

特に年上の私にとっては
敬語で話していたのに気持ちが高ぶって
敬語も取っ払ってガツンとこられるなんて
リアル感も増してたまらん。

年下の男に真剣に叱られるなんて
情けない気もするけれど
ついその真剣さに甘えて
弱いところ見せそうなるよね。
はぁ…叱られたのに甘えてみたい…

しんちゃん&しぶやんというセットで
選択したのは怖いもの知らず過ぎたね。
私の設定で行くと二人から叱られるなんて
かなり無理があるけれど贅沢でもある。
真打が登場すぎて迫力がありすぎて
言われる前から震える。
二人が並ぶと存在自体が恐ろしい。

スイッチを最初に入れたしぶやんが
すごむ姿に味園のシゲオが見え隠れする。
この人から見放されるなんて辛すぎると
後悔して泣きたくなる。

しんちゃんは話を聞こうとする態度をとるも
話にならないとわかると「プチッ」と
線が切れた音がはっきり聞こえるかのよう。
一気に噴火して、声だけでは収まらず
机に脚がかかってしまう程の感情が痛い。
それこそ、この人から見放されたらもう
自分には何も無くなるのではと恐ろしくなる。

惚れた男の恐ろしさをビリビリと感じて
しびれているところに
そやで」と乗っかったしぶやんの一言で
そうだ、これは寸劇だったんだ~と我に返りました。
はー楽しかった

いやーこのメリハリがたまらなかったなー。
そして感情が高ぶった男って
どうしてこうもセクシーなのかしら。
かっこいい…とにかく、かっこよかったわ。
そして、身に染みて思う、男に叱られたいなんて
なんて愚かな願望なんでしょうね。
でも草食男子やらなんやら言われる昨今ですが
やはり女子の本能は強いオスを求めるもんですよ。
子宮が求めてるんだもん、仕方がないわ。

ああ…私も叱ってほしい。←まだ言ってる
このコーナーとは別にニッチェさんが嫌いな女子として
SNSにラテアートやら空の写真を上げる人って
言ってたけど、私、けっこうツイで
そんな夢見がちなことをしがちな女なので
ぜひそんな夢見がちなアラフォー女を
叱ってくれないかしら。

もしくはこの回から始まった新コーナーの
大体の関西人がやっていることとやらでも
意外に家にタコヤキ器はないし、
道端でティッシュも必ずはもらわないので
そんな中途半端な関西人の私を
叱ってくれないかしら…

もしくはこんな毎日ブログ書いてる女に
「もっと他にやらなあかんことあるやろ」と
ガッツリ叱って欲しい…
…が、私には他に見当たらない…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。