∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

マルのレコメン卒業

「マルがレコメンを卒業する」
という事実を朝起きて知って
ボーッとしながら顔作成したciccacoです。
とりあえず気持ちを落ち着かせようと
淡々と準備をしてただいま出勤中なのですが
季節感じるためのiPhoneのサクラプレイリストの
成長とともに起こる別れの歌詞が
今日ほど心に刺さったことはありません。

いつも通りレコメン聞きながら寝る準備して
安定の11時過ぎ頃離脱により
マルの挨拶をオンタイムで聞かなかったのですが
聞いていたら眠れなかったかもしれません。

いや、私は寝てるな。
そのために私はエイトを「娯楽」だと
言い続けているところがあるから。

今でも最初のレコメンで、緊張しすぎて
硬くなってるマルの声が思い出されます。
マルとしんちゃんの2人だからこその
過去のエピソードもたくさん聞けたし
最近の仲の良い外食話も聞けたし
たまに引くような話もブッ込んでくれたけど
それも含めて生放送ラジオを
存分に楽しませてくれました。

そしてそれをまだまだ聞きたかったし
聞けると思っていました。
でもどこかでレコメンの設定との限界も
感じていました。

私はヨコヒナ時代から聞いていたので
昔の全員が集合したり、突然電話したりが楽しくて
でもメンバーが忙しくもなって
それができる年代でもなくなったんだなーと
気持ちを切り替えたことがありました。

その後にヨコの卒業があって、
マルの新加入があって、
そのうちリスナーとのやりとりに2人が
「俺たちの時代なら」と言う回数が増えるたびに
リスナーへの「共感」より「励まし」が多くなり
また違う時の流れも感じていました。

だからこそのキリヤマンと淳太くんの加入なのかもな。
4月からはしんちゃんとお二人のレコメンになるそうです。
エストくんの中でも
エイトのバックについてくれてた2人だし
せめてそのことが救いになってます。

そしてきっとしんちゃんも2人が慣れた頃に
卒業なのかな、なんてぼんやり思っています。
それならいっそマルと一緒に卒業でもよかったのに、
と本音と涙が出そうにもなります。
でもしんちゃんまでもがいなくなるのも
寂しくて考えたくもなくて
こうゆう時に溢れ出るエゴに疲れます。

メンバーが交代で来ていた関ジャニ通信
しぶやんとの2人舞台後のイフオアも
ヨコと始めたレコメンも
いつもしんちゃんは続けることを選択してくれて
関ジャニ∞の枠を背負って守ってきてくれたことに
頭が上がりません。

だからこんな姿見せてくれる
しんちゃんが好きなんです。
そこはしんちゃんが揺らがない分
私もずっと昔から揺らぎません。
どれだけいじられても貶められても
強くて優しい正義の味方のようなアイドルだと
思ってます。

2度もメンバーの卒業を見送っても何も変わらず
しんちゃんらしさで続けてくれるでしょう。
新しい後輩との会話を楽しんで
いろいろと聞かせてくれるだろうし
それをしっかりとしたものにさせていく
しんちゃんのお仕事にまた感心させられるでしょう。

はぁ。
「ヨコの時はこんな悲しい思いさせるなんて
今後のヨコの活躍のためのはずだよなって
言い聞かせるように過ごした覚えがあるけれど
マルの時は合間に大きな成長をみせてくれて
この卒業がますますマルがお仕事をやりやすく
過ごせる時間になりますようにと思えそうです」
と言いたかったのだけど、ジワジワきそう。

2人のラジオがもっともっと聞きたかったな。
とりとめのない話や近況がありがたかったし
お互いが大好きなのね、と微笑ましい話も
大好きだったな。

私には娯楽でも
彼らにとっては仕事だから
また大きな気持ちの切り替えが必要なようです。

今週末だかにくるお知らせとやらが
そんな寂しい気持ちを吹っ飛ばしてくれますように。

マル、3年間ありがとう。
引き続きお仕事頑張って!!
楽しませもらうからねーー!


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。