∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

発売を楽しみに待ちたいという思い

昨日はZIPを見て元気ライブオーラス映像が流れるも
安定のすまたんに切り替わったために
侍唄の途中で映像がブチ切れて私もブチ切れ。
その為情報が最後まで紹介されなかった為
DVD発売についての詳細を自分で確かめられず。

まあいつものことだと諦めて出勤しながらも
不安が入り混じってちょっとしんどくなったので
「信じている」という気持ちで締めくくって
過ごしていました。

そして会社でランチの時にネット見たら
オーラスが本編映像での2パターン発売と知り
唖然としました。のどが渇くというか、
残念というか悲しいというかうまく言えないけれど
ただただ唖然としました。

決して裏切られたとか怒りではなくて
ただただ残念な気持ちでした。
でも映像として発売してくれるのも本当に嬉しい。 
きっと発売までの道のりはいろいろあったろうし
どうするかを決定させるのは大変だったろう。

何よりこの発売を喜んでいるのは
最後まで駆け抜けたかったと望んでいた
忠義さんだと思うから。
もしこれが発売されなければ
いろんな人がいろんなことを言ったろうと思うと
本当にホッとしたんです。

でもね、これまで期待以上の作品を出してくれたから
つい期待しすぎたのかな、オーラスは特典で
あくまでも7人揃ったライブ映像が本編だと思ったの。
それはどのメンバーが欠けたからが問題ではなく
バンドやダンスをメインで見せているアイドルの
ライブとしての作品が見たかったの。
スタッフ含めてそのプライドも見せて欲しかった。

そしてオーラスのあの日、
ライブが無事できるか不安だったエイトを
それでもいいからと後押ししたファンがいて
その中に特に悲しい思いをしている人がいることを
ちゃんとわかってくれていたから
「悲しい思いをした人がいる」とボロボロ泣いて
「また来てくださいよ」と一生懸命話してくれたしぶやんがいて
その思いが伝わって泣けて泣けて仕方がなかったけれど
それはあの日来れなかった人にも
できれば見て欲しいとは思っていたけれど
決してそれが「元気ライブ」の全てだったとは
思っていなかったの。
それはあまりに「元気ライブ」の本質ではない。

でもねーーーー
帰ってきてZIPを編集しようと
映像見たらまた泣けちゃって。
私は何でこんなに泣いてんだろうと思うと
また泣けちゃって。

あんなに必死にライブしてくれたのに
なんかいろんなことが悲しくなりました。
だってエイトが悪いわけじゃないのにね。
1人がいない不安定に辛かったことも
発売に不安だったことも期待したことも
なーんかもーひとしきり泣いたら流れちゃったー

言いたいこと言った後で身勝手だけど
ただもう発売したものを大事に見られたらそれでいい。
やはり私は元気ライブの映像が見られるのがとても嬉しい。
笑い泣きしながらいっぱい見たいです。

ただ、今回のことをきちんとリスクマネジメントして欲しい。
何をどうしてほしいかはわからないけれど
そこに時間とお金をかけてもいいくらいに
エイトは大きくなってると思いたい。

悲しい思いをしている人がいることを忘れずに
楽しみにしてた人たちの期待をもっと裏切るくらいの力を
また見せて欲しい。

いろんなこと、期待してます。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。