∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

さゆりさんのボヨヨーンとりゅうちぇるさんのぽよよーん

ペコ&りゅうちぇるさんの回の勉、
もうご想像通りかと思いますが
相変わらずイマドキの方を知らずで
キャラ的にも私の許容範囲を超えていて
最初から食傷気味で拝見しました。

だけど失礼ながら、思った以上に大丈夫で
なんでだろう?と冷静に見ていると
どうやらペコさんがきちんと手綱を引いてて
お話し上手。しかもりゅうちぇるさんも
我が我が(ワレがワレが)とぐいぐい行くのではなく
自分がいじられているのをうまく受け止めて
丸く返すから周りも笑えるのね。
可愛らしいお二人が人気なのも納得です。

エイトも昔ならもっと一緒に乗って
騒いだのかもしれないけれど
最近では年下の特徴的なタレントさんには
ちょっと眺めて様子を見ていることが増えたな。
面白くしようと畳み掛ければ人数も多いから
番組のバランスは変わるだろうしね。
ゲストのお話を聞くスタンスがとてもいいと思う。

しかし、りゅうちぇるさんの「ぽよよーん」は
さゆりさんの「ボヨヨーーン」があるから
しんちゃんの言う通り許可もいるし
ヨコの言う通り関西ではシビアな問題よ。
いや、でもそのおかげなのかもしれない、
苦手だろうと決めつけていたお二人への
意外な親近感はかつみさゆりさんのおかげなのか。

りゅうちぇるさんが頭につけるヘアバンドを
伸ばしながら「ぽよよーん」を言ったならば
もうかつみさゆりを受け継いだも同然だな。

ちぇる’sキッチンでは
りゅうちぇるさんに冷静に突っ込む忠義さんや
一緒になってぽよよーんを連呼して乗ったのに
軽く切られるヤスや
勢いで「錦戸」と呼び捨てにされて軽くキレ
ご飯をよそおいながら全く乗らない亮ちゃんや
ぽよよーんには全く触れずに変な鳥設定で
アーアーいいつつゲストを潰すマルや
エイトらしさも見られて満足。

でも、ゲストが作ったお料理を
エイトが食べなかったというのは
初めてじゃないかしらね。
ご本人が食べただけで終わったけれど
ぽよよーんてふざけてても
食べたら意外に美味しかった、とかあったほうが
良かったんじゃないだろうかと少し思う。

もしくはこの頃腸が治った後で
刺激の強そうな食べ物を
むやみに口にする機会を作ってはいけないという
忠義さんへの配慮だったのだろうか…
そうだとすればそれはそれでありがたいな。

ゲストとのやりとりに満足しつつも
最近では2/∞を主に楽しんでしまうのも
どうなんだろうなとも思うジャニ勉。
やっぱりエイトが好きだから
仕方がないんだけれどね、でもジャム同様に
ゲストの方の新たな魅力が知れて助かります。
大阪でやり続ける意味もあると思うしね。

そんなジャニ勉も先月末には
「気付けばついに10年目に突入しちゃいます」
と題した会見も行われてましたが
メンバーが語ってくれてるのも楽しく読みました。
*会見全文

彼らがこれからやりたいと口にすることが
ファンが見たいもの一致しているのも
とても嬉しかったわ。

2/∞も一緒に行きたい理由も場所も納得で
ぜひどれも実現してほしいが
どの人も片思いっていうのがまたいい。
やりたい企画の全てをぜひとも
余すことなくやってくほしいな。

最後になりましたが
ジャニ勉、10周年おめでとうございます
↑このタイミングでごめん


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。