∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

「メリーあん」という焼き饅頭を発売したALFEE様のセンス

なんと高見沢俊彦様ことタカミーを
関ジャムにお迎えできる日が来るとは
夢にも思いませんでした。
しかもソファなどでゆっくりお話するのではなく
歌の検定とやらで回答者として立たせて
クイズのボタンを押させるとは
こうゆうところでエイトの飛躍を感じてしまうのは
間違っているのでしょうね。

タカミーは答えもわからないのに
ボタンを押したかったのでしょうか、
負けず嫌いな無鉄砲さも可愛らしい。
とりあえず押してボディタッチでプレッシャーを与え
若者歌手というだけの情報少ない問題に
7割くらいが髪染めてる」という回答を
亮ちゃんに絞り出させるなんて素晴らしい。
このクイズの意味がイマイチわからずにいましたが
今回はかなり楽しめました。

名曲「オレンジ」でキムタク様が
本来は「さよなら」だったが前向きな別れにするために
最後の歌詞を「ありがとう」に変えたという美しい話。
キムタク様のすごさを実感するところなのに
まだ待ってとか?」とすがる歌詞を思いついて
ニヤニヤする忠義さんもたまらなく好きでした。

しかし、ここへきてSMAP兄さんネタを
出してくるとはね…派閥がなくなったし
番組もあえてやりたいのでしょうか。
それならちまちま話題になんかせずに
ゲストにお呼びしてオリジナルスマイルを
歌わせてもらうくらいのことできれば
よりエイトの飛躍を感じることができるんですけど…

あ、また、いらんこというのはやめて先へ進もう。

でもさかいゆうさんが
SMAP兄さんは声質が全然違うのに
ハモると一緒になる(重なる?)のは
それがSMAPだからなのか、
できる人がSMAPになったのか…と
哲学のようなことを仰ったのに感心しました。

なるほど、声質が違い、むしろ個性が引き立つのに
合唱した時にいいと思えることあるな。
立体的に聞こえるというか、3Dに聞こえるというか
厚みがでるというか…
エイトの場合はヤスやマルなどマルチな子がいるから
自然と合っていくけれど
SMAP兄さんは確かに不思議だな。

この話の時にタカミーが亮ちゃん叩いて
「まだまだだな」って言ったんだけど
それはごもっともなんだけど、
これってジャムはまだやってなかったのかな。
今回、ジャムの感想をタカミーに聞けてないから
ちょっと気になったのよね。

だって一緒に歌わせて頂いた「メリーアン」は
演奏とともに素敵だったもの。
もう表現が乏しいから毎回同じことしか言えないので
細かい感想は控えますがとにかく良かった。
でも悔しいけど、やっぱりタカミーが歌うと
本物の「メリーアン」になったね。
これぞ長年歌われている名曲の力かな。
声質が違うのにハーモニーがあうっていうのは
こうゆうことだと大先輩から学ばせてもらいました。

タカミーのエンジェルギターをまじまじとみるマル。
エンジェルヘッドがじゃまで手元が見えないのに
見た目重視で使い続けるタカミーに
エンターテイメントを感じ、
よく見たら金ピカ派手お衣装を着てくださってて
こんな深夜のジャニの番組にも手抜きなしで
登場して下さったことにも感謝したいです。

そういえばクイズの時も亮ちゃんに
隣におったからわからんかったんっすけど
すごい服着てますね
」と言われた別パターンのお衣装を
トーク用」だとサラッと流されたところもさすが。

ライブでの逸話もご本人から聞けて
とてもありがたかったです。
「ヒット曲なんて事故みたいなもんだよ」は
産みの苦しみを知る方だからこその言葉よね。

ちなみになんとなく気になったので
昨夜「メリーアン」って調べてたら
なんと昨年のALFEE様のライブグッズで
焼き饅頭「メリーあん」が発売さてたと知り
じつはその事実に一番感心しました。

デビューして40年を迎えてのこのセンス。
これを喜んで食べられるファンの方も幸せだろうな。
この楽しませ方はエイトが学ぶべきところも多そうね。

タカミー、そしてALFEE様、やっぱり偉大です。

とりあえず亮ちゃんのギターを
エンジェル仕様に変えるとこから始めるか。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。