∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

まさか「罪と夏」はミュージカル曲じゃないでしょうね?

昨日の新曲発売情報から一夜明け
やっと落ち着きを取り戻しましたが
改めてこれほどに新曲を待ちわびていたのだなと
しみじみ思いました。
仮題やらなんのこっちゃわからん内容やら
いろいろあるのにこれだけ盛り上がれて
エイターって平和で幸せだな。

おかげで気の重い月曜日が大変気分よく
家にも早めに帰れたのでご機嫌でジャムを再生。
特に今回は新感線で見てからすっかりファンになった
浦井くんとマルがジャムするというのが楽しみで楽しみで
好きなものと好きなものが掛け合わさる
独特の気恥ずかしさと贅沢を味わっておりました。

だが、残念だったのがここに古田氏がいなかったこと。
ナゼこんなステキな回にいらっしゃらないのだろう。
ミュージカルの王子様達との共演は微妙なのだろうか。
できればいつもの奇抜なキャップをかぶ
彼らを威圧しながらも浦井くんをいじって欲しかたっのにな。

しかし井上さんやなっち旦那さんがお話の主体で
なかなか浦井くんに話がいかない。
しんちゃんの井上くんのお金ネタへのツッコミの腕が
間違って浦井くんに行ってくれないかと願うほどに
はがゆく思っておりました。
ま、キャリア的にも仕方がないのかな。

でも忙しいエイトのスケジュールは曜日が決まっていて
合わせやすいという話や
タッキー舞台のつなぎででたヨコヒナが
振付け師から面白くないと叱られたという
語り継がれる話やらエイトの話も入り
人気舞台俳優さんとエイトが絡んでいるのも嬉しくて
広がる同年代の輪を微笑ましく見ておりました。

レミゼの「民衆の歌」のジャムでは
マルが堂々とこなしてみせてくれましたね。
最初はさすがミュージカル俳優さん達との
歌い方の違いを感じてしまったけれど
器用だから雰囲気も飲んですぐに合わせていくところが
本当にすごい。

しかもマルって動きや表現が大きくて
緩急ついてるから舞台ではえる。
そっか、普段何気なくギャグするときも
この緩急ついた動きがちゃんと活かせているのかもな。
マルのギャグが面白いのは動きに舞台要素が入り
体でストーリーを感じさせるからだと感慨深い。

そしてマルがミュージカル俳優さん達に囲まれつつ
彼らとは違うアイドルのキラキラ出しながら歌う姿を
一歩下がった位置からニコニコ見守る浦井くんがまた
私には眼福。
好きなものが大好きなものを見る様子に
ますます大好きになる気持ちが溢れて忙しい。

しかも、「民衆の声」のバンドも良かった。
とくに忠義さんのドラムがすっごいよくて
ちょっとドラムだけに耳を向けて聴きたいくらい。
なんだろ、この「民衆の声」の力強さを引き立たせる
忠義さんの重くて安定したドコドコが
ものすごく効いていた気がするの。

いいね、ジャンルを問わず、
エイトの経験が重なっていく。
そして実は浦井くん浦井くんと連呼したものの
ジャムの感想で1人ボーカルとして参加するマルを気にして
自分のドラムより「マルちゃんが気になって
といった忠義さんのメンバー愛に1番萌え。

そしてそれに対して言ったしんちゃんの
ドラムに集中せえ!」も最高だったな。

どうしよう、新曲の「罪と夏」が
ドフトエフスキーの「罪と罰」をもじっているだけではなく
ミュージカル曲だったら…

新しいか…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。