∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

リリックでもドヤ顔人生でもなかったジャム

先日のジャム、ゲストの長瀬くんの紹介が
音楽が切り口なのが新鮮でとても楽しめた。
それがジャムの「音楽番組」の良さでもあり
後輩であるエイトが聞くからこそ面白い
長瀬くんご自身の深さが見えたと思う。

自宅公開も珍しいし、作曲の苦労も聞けて
アーティストとしての顔がフューチャーされることで
一般にも農業同様に音楽の印象も植え付けられただろう。
「リリック」があれほどに何曲も試作を繰り返して
苦労して誕生したとは驚き感心した。

だが、感心した上で残念だったことが3つある。
1つはあそこまで紹介した「リリック」をジャムせず
なぜに「言ったじゃないか」をジャムしたのだ。

クドカン監督映画なので宣伝絡みなのもわかるが
ならば初の2曲ジャムでもよかったのではなかろうか。
↑わがまま エイトの許容量を心配するなら
「持ち歌&先輩の大好きな曲」という組み合わせは
複数曲やってみるにはトライしやすかったはずだ。

しかもだ、長瀬くんのこだわりの曲作りをお聞きして
エイトも「ドヤ顔人生」という素敵な曲を頂いたのに
なぜにこの曲でもなかったのだ。これ、2つ目の残念。

長瀬くんに「関西のガサツな男たち」と評され
センチメンタルな曲歌っても俺的には嬉しくない。
ドヤ顔人生でいいだろ
」という男としての
最大の賛辞をもらって作っていただいた大切な曲なのに
ここで「ドヤ顔人生」をジャムしていれば
エイトのバンド力も長瀬くんの音楽的才能も
お届けできたのに、残念だ。

作曲している時もずっとイメージして下さっていたという
じぶやんのパンクな声を、聞かせて欲しかった。
わがままで本当に申し訳ないが言わずにはいられない。

そして最大の残念が客を入れての演出。
あ、お好きな方はゴメンなさい( ; ; )
盛り上がっての演奏は大変よかったとは思うが
せっかくのバンドの音がかき消されて
しかも音質も普段のスタジオと比べて格段に悪い。
拍手の音でギターも消えるし
振り上げられた手で歌うしぶやんの顔も
見え辛かったのが残念でならない。

ワガママばかり吹き出しているが
それだけジャムに期待しているからこそ。
今度ライブ形式にするなら、
しぶやんの足元に台を切望する。

光一くんコメントからの長瀬くん伝説は
最高に面白かった。
あーお腹いっぱいを「あーおっぱい」と叫び
マシュマロを未だにマショマロだと思っている可愛さが
おこがましくもうちの天使ヤスとも通ずるところがあるが
神様は長瀬くんに大きな体と強面というギャップを与えたが
ヤスにはすねの毛深さのみに抑えて
とことん可愛さを求めた罪深い所業を感謝したい。

様々な年代がいる紅白の観客席に
「お立ちいただきたい」とお願いした長瀬くんには
見ていた時にも感動した。
そしてその先輩が作り出した盛り上がりの中に
エイトも参加できたことがファンとしても誇らしい。
こんな風に歳を重ねて音楽を深めてこだわり、
伝えたいことを伝えられるアイドルになって欲しいと
改めて思う。本当に先輩は偉大だ。

今ではできなくなった少年Pでのセッションが
自分の番組でできるようになればいいんだな、と
長瀬くんとのジャムを見ながらワクワクもした。
そして、先輩ならばエイトは7人揃って出演し
ジャムにも参加できるのだな。
いいこと知ったわ。

彼らの音楽を深め先輩からも学ばせていただくべく
TOKIO兄さんにはジャムに定期的に
お越しいただくのもアリだな。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。