∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

ピストルを構え佇む東海林先輩の姿に悲鳴をあげる

初めての休日である「山の日」。今日も暑いですが
この休日でゆっくりとオリンピックを楽しんでおります。
その合間に録画も整理しているのですが
ふと手が止まったのがヨコ出演中の「ON」。

異常犯罪シーンがえげつなくて
つい躊躇してしまうのですが
それ以上にヨコ演じる東海林が麗しいから
迷った割にはスムーズに作業を進めております。

私もね、2話目くらいまでは
このまま異常犯罪だけがメインになるなら
ドラマとしては辛いなと思っていたんだけれど
迎えた中盤で想像通りとはいえ
関係者が抱えていた過去に関係する事件だったことがわかって
ハルちゃん演じる藤堂のクールな裏の顔ですら
感情に触れて揺り動かされるほどのラストになって
ちょっと方向が変わった気がするのよね。

そのラストに関わった東海林先輩のシーン。
犯人が自殺しようとして持っていたピストルを
窓の外から撃って飛ばし
片目で狙いを定めてピストルを構えていた姿が
あまりの精悍さとやり終えた後の表情の静かさに
身悶えました。

これまで見た背負い投げもそうだったけれど
この顔を見るためにここまで見てきた、って
思える瞬間なのよね。どこか東海林先輩の姿が
水戸黄門の紋所的な役割にすらなってます。
私の中だけでだけどね。

異常犯罪のシーンに非難がでているという
悲しい噂もありますが…演者に罪はないのにね、
むしろそれだけ酷い映像があるドラマでも
見応えがあって、これだけ演者の表情やアクションで
魅せらていることを讃えてあげてほしい。

まぁね、好きな演者が出ていなければ
何がいいのかもわからないだろうけれどね。
苦手なものを潰してしまおうとする
自己満足の正義感は見ていて悲しいわ。

とはいえ、私も気持ちよく見ているわけではなく
好きなものの選択としてヨコの姿が
異常犯罪より優っていたということらしい。
やはりどこか不器用な標準語や
カッコイイ表現の堅さはあるけれど
それがファンにとっては生々しくて良いものなのよ。

頑張っているヨコの姿は充分伝わるだろうから
内容の非難を受けつつも、皆さんが戦いながら
最後まで無事にやり遂げられるように
見守っていたいなと思います。

さて、今日はマルとヤス、亮ちゃんが登場した
「ハイチュウ園地」とやらの会見があったそうで
明日のWSは要チェックです。
ネットニュースも既に出ていますが
マルがヤスを差し押さえてエンジェルになって
登場したようですよ。
*詳細記事コチラ

録画整理したからWSも張れるってもんよ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。