∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

ハコバンエイト

先日の関ジャムから放送時間が11時15分になり
オンタイムで見られうのが嬉しくて嬉しくて
いつもは翌日の月曜日の憂鬱から寂しい日曜日の夜が
とてもとても楽しく迎えられました。

お風呂やら歯磨きやら全てを終えて
ベッドに寝そべりながら見られるジャムの
満たされた気持ちったら…
JUJUママのお店に酔いしれたなー。

そりゃ支配人が「スナックいく?」って
エイトに聞いた時に微妙な空気となり
「地方行った時にたまに」と正直に答えた
しんちゃんの言葉で少し目は覚めたけれど
基本ほんのり気持ち良く拝見してました。

今回も派手な支配人のお衣装は
とうとう帽子から赤い紐が出ていたね。
銀恋歌うのに立ち上がった足元の
ピンクのワイドパンツも衝撃的だったが
そんな支配人がスナックの雰囲気にノリノリで
「すばちゃんとかアッコさんの歌を歌ったら
みんなヤンヤよ」と言ってくれたのには
「歌っとるわーー!」と突っ込んだね。

紹介される曲は懐かしいものばかり。
私もおじ様がいたらとりあえずテレサテンか
中森明菜を歌って黙らせることが多く
「愛が生まれた日」と「ロンリーチャップリン」は
過去に何度歌ったか知れないわ。しかもハモれるで。

だから亮ちゃんの
「全然ついて行かれへんけどとりあえず楽しそう」
って言葉がグサリときた。
改めて一回り近く年下のアイドルを
追いかけているという事実が身にしみた。
やっぱり彼らとは一世代違うんだな。

でもねー、多くのエイター…特に
昔からファンの人は同じだと思うんだけど
エイトが歌う昭和臭もする歌謡曲的なのが
最高なのよね。ちょっとムーディーで切ないが
綺麗にハモりながら伸びやかに歌われると
キュンとくるの。だからいいや。

ジャジーな「つぐない」も良かったね。
忠義さんの抑えて響かせるドラムや
マルの不規則なリズムのベースを聞き分けようと
手元を凝視しながら音を聞いた。

そして亮ちゃんのあの歌うようなギターね。
しぶやんの嚙みしめるような声ね。
⇧へんな表現でごめん
ゆっくりとしっとりと出す声や音が
ひとつひとつ大切に繰り出されて曲になり
それが三十路の男たちの色気となって放出されて
それはもう素敵だったね。

まさにしぶやんが言ったハコバンね。

とはいえ、私が今回一番爆笑したのは
入るのに躊躇するスナックの入り口で
ダクトから中の様子を確かめると
マライヤキャリーを英語で歌う声が聞こえてきたら
フィリピン女性がいる、と判断するという玉袋さん。

いいわー、この地味なマニアックさ。
しんちゃん曰くマイノリティすぎる情報が
私には興味がありすぎて
あのかすれ声で繰り出される面白話が
最高でした。

今度「スナック「袋」」ってタイトルで
別枠の番組やってほしいわ。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。