∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

キッズダンサーと顔合わせした忠義さん

今日、関テレの「ワンダー」で
決定したキッズダンサーの元を
忠義さんが訪れた模様が流れた。

兵庫県西宮市のダンススタジオの子供達で
6年生の女の子が卒業を前に
みんなでの思い出として残したいと
応募したのが当選したそう。
「パノラマ」という曲の主題にもあっていると
忠義さんも嬉しそう。

だがエイトの中でも涙もろいのに冷静で
優しいようで厳しいという複雑な忠義さんが
一人で子供達の元へ向かうということに
見ている方は多少の不安が拭い去れない。
当初一緒だったはずのヤスがいないことが
大変残念だが致し方ない。

選ばれたチームの6年生たちが先に
忠義さんに会って選ばれたことを伝えられるも
何が起こっているのかわからない状況で
プチパニックと思考停止になる子供達。
でも嬉しさから泣き出す子もいて可愛らしい。

綺麗な字で応募してきてくれた子が
その泣き出していた子だと知った忠義さんが
関ジャニで誰が好き?」と聞くと
お隣のお友達の顔を伺いながら言いにくそう。
その顔で自分ではないとわかったから
遠慮しなくていいと忠義さんがいうと
「村上くんが好き」と答えた女の子。

そう言えば忠義さん単独のラジオだった時にも
自分よりしんちゃんの方が人気で凹んでたっけ…
しんちゃんの方が知名度もあるし当然だと。
そうかと思えば夜ふかしの人気調査では
忠義さんが人気でしんちゃんがふてくされてたっけ…
そんなことをぼんやり思い出したわ。

6年生以外のダンススタジオの子たちとも会って
エールを送る忠義さん。
イマイチ状況がわかっていなさそうな
小学2年生の子にも「わかってる?」と
淡々と聞く様子も好きだが
これから励もうとする子供達に
「先生に厳しく言われながら頑張ってください」
声をかける忠義さんはもっと好き。

ここで綺麗事や夢あることを言う方が
TV的にも子供達にとっても良かったろう。
「一緒に頑張りましょう」と言う気持ちもあるが
実際はエイトは彼女たちの前に立つ存在で
その前には多くの客(私たちね)がいる。

その事実にもちゃんと触れて、その上で
「頑張ってください」と言うのは現実的で
素晴らしいと思うわ。
ほんと、こうゆうところ好きよ。

そして最後にみんなでカメラに向かって
頑張るぞーと言うも、
隣に座っていた小さい女の子が
「コホコホ」と咳をするのを聞いて
「咳…」と苦笑いしながらも
「急に大きな声出したからね」と
女の子を労って大きな手を添える姿もまたいい。

北海道チケットも発送されたそうで
グッズやステージ構成など予想が回ってますが
各テレビ局も巻き込んでの大きなイベント、
「パノラマ」のキッズ企画ももう一度思い出して
ライブを楽しみにしましょうかね。

あのお手紙送った可愛らしい女の子が
しんちゃんに会うのも楽しみだな。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。