∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

お弟子さんの素晴らしい対応力

ベスアでエイト待ち。
その間に先日のクボタ氏がゲストだった
ジャムの感想を書かせていただいてますが
すっかり定番になってしまった
「ジャムがいい番組になった」という感想が
安易に飛び出しそうで、ちょっと考えつつも
やはり「いい番組になった」としか言いようがない。

クボタ氏を無駄に褒め称えるわけでもなく
自由に語っていただきながら
色々学べる内容にしてたことで
クボタ氏がイキイキと話してくださってたよね。
まさかあんなにいい声でカエルの歌を歌う
クボタ氏が見られるとは思わなかった。

合間に名曲「LALALA LOVE SONG」を
「ヘロホホホへロホホ〜」て歌われるなんて
これもものすごく貴重な歌声を聴けたと思う。
そして改めて聴くだけでドラマの感動と
その当時の自分を思い出せる曲こそが
名曲なんだろうなーと思う。

こうゆう記憶が増えて
いい歌をオンタイムで聴けたことが
幸せだったなと思えると歳を重ねることも怖くない。
クボタ氏のように歳を重ねてもクオリティ変わらず
歌を送り出してくださると余計にね、心強い。

そんなクボタ氏の横で常に寄り添いながら
笑顔満開でMCを務めるしんちゃん。
今回、タカツキングの曲をいただいたことで
もちろんゲストではあるんだけれど
それ以上の心の近さが二人にあるようで
とても嬉しかった。

そんな中でクボタ氏の教えの元、
即興で伴奏したあのしんちゃんの対応力。
もちろん、最初はたどたどしさもあったけれど
クボタ氏の「それでいいよ、バッチリ!」という
力強い賞賛を背に楽しげに奏でる姿に萌えた。

そして身内ならば褒めにくいところ
「お弟子さんがすごい」と素直に褒めてくれた
茂男くんがまたありがたかったわ。

「久保田さんと歌う日が来るなんて」という
しぶやんの言葉は本当に見ている私たちも思った。
「Bring me up!」を無理に伴奏としてアレンジせず
掛け合いとコーラスに徹してジャムできたのが
またよかったよね。ハモリが美しすぎた。

そして、タカツキング…ライブ前に聴けて
本当に本当に良かった。
これ、ふわふわと体を揺らして
クボタ氏に教えてもらった「バウンス」しながら
聴けたら最高だよーー。
しかも、しんちゃんだけじゃなくて
メンバーが一緒になって歌うからまたいい。

どうか、このまま、このままで
コントやお笑いなしで
いい曲のままで披露してくれますように…


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。