∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

今後はチンペイさんとお呼びしたいほどの親しみがわく

谷村新司先生のジャムを拝見した。
最近のジャムはゲストの音楽へのこだわりをわかりやすく
だが奥深く紹介することがもっぱら主流だが
どこかプレゼンをしているように感じることも多い。
だがさすが、実際に教鞭をとられているだけあって
今日ほど「授業」感を感じたことは無かった。

もちろん、これまでに多い「なぜいい曲と感じるか」を
解説して下さるところは他のゲストとも変わりないが
それが難しい音楽の技術に依るところではない上に
スピッツ様の「楓」を解説するのに
「「きへん」に「春」で何と読むか」を質問として
「錦戸!何??」と指名して答えさせようとする様子が
まさしく生徒を当てる先生の授業のようで
新鮮でピリリとしていて楽しかった。

しかしまぁなんと谷村先生のお話声は優しいのだろう。
おそらく目には見えないがα派がでているであろうと
思わせるほどの心地よさだった。
あのお声で講義を聞くのも素敵だが
昔はかなりな下ネタを発するラジオをされていたと聞く。
さそやセクシーで楽しかったろうと興味がそそられる。

エイトもいつも以上に取り組み方が前向き。
しぶやんはシンパシーも感じているのか
合間に「下ネタ」を感じてにやける問題児のようだが
ほっとけない生徒のよう。
合間にいいコメント入れてくる忠義さんは
茶化してもくるが利発な生徒そのもの。

先生を崇拝しているかのようなマルは真面目で真摯な姿勢。
質問の答えが人一倍素早く理解できる亮ちゃんは
上げてもいないのに「ハイっ」と挙げる手が見えるよう。
「×」を「交差点」だと即座に解釈したのにも驚いた。
想像力豊かでカンがよく、相手が何を言いたいのか
把握できる能力に長けすぎている。
ぜひ谷村先生の講義を一般でも受けさせてあげたいものだ。

そしてうまく合いの手を入れながら
よりわかりやすく授業を誘導するしんちゃんはまさに助教授。
あれれ?一人だけ生徒じゃないじゃん、とは自分でも思うが
良くも悪くもしんちゃんがいなければもう
この番組は進まないのであろう。

谷村先生の講義を受けた上でのセッションは
緊張もしただろうけれど素晴らしかった。
しかも先生のご提案なのかフルサイズであったことが
何より嬉しい。

歌はやっぱりフルサイズで聞かなきゃね。
特に歌詞の流れにこだわりがあり
一つの物語になっているような曲は
きちんと最後まできいてこそ伝わるものがあるし
歌う方の気持ちも途切れず届くだろう。

亮ちゃんは3度出てくる「You are king of king」を
自ら解釈するほどの優等生ぶりだがその姿勢が大事よ。
「少々間違っても大丈夫」と声をかけて下さりながら
バンドを引っ張り歌う谷村先生がとてもかっこよくて
そこにみんなが一生懸命音を出しながら
自分なりの答えを投げかけている「昴」は素敵だった。

前にカヴァ☆コラでもクラリョがご一緒させて頂いたっけ。
ジャムの最後に谷村さん自ら拳を合わせて讃える様子に
あの頃からの成長を感じて頂けたかな~
なんて身勝手なことも思ってしまったが
ぜひエイトのことを今後も生徒として可愛がって頂きたい。

何せ「すばる」という名前をもつしぶやんを
「身内みたいな感じ」と言って下さったことでもう
こちら(ファン)も谷村先生を他人とは思えないので
ぜひ今後は支配人のように「チンペイさん」とお呼びしたいが
よろしいか?


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞