∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

えみちゃんねる収録後のマルの去り姿に大満足の母

関西の女傑、上沼恵美子様の長寿バラエティで
関西色が強すぎる番組「快傑えみちゃんねる」に
ゲスト出演したマル。
上沼様の激しい口撃が話題の番組で
どうなるかと不安もあったが
10年近く前に上沼様のMC番組で
パネラーとしてマルがお世話になっていたこともあり
関係も良好なので安心して録画再生した。

上沼様に最も近いひな壇一番左端に着席したマル。
お衣装は丸首の白シャツの上にグレーのカーディガン、
ジーパンに白のスニーカー。その上パーミーな短髪で
首元も爽やかなヘアスタイルが好青年っぷりを上げている。
そんなマルに「丸山くん、よう来てくれましたね。
イエィイエィ、マルちゃん!」
と番組始まってすぐに
まず声をかけてくださった上沼様。

「番組で一緒だった時に毎週プレゼントをくれたの」と
嬉しそうに話してくださると
「僕もお誕生に素敵なおTシャツを頂いた」とご返事したマルは
みんなに「おTシャツ」を突っ込まれても気にしない。
逆に突っ込むキンコンの梶原氏が上沼様に
「黙っとれ」と押さえつけられる構図が
普段アイドル扱いされないパターン慣れしているファンにとっては
ありがたくて嬉しいが見慣れなくてそわそわもする。

同じ関テレの「ジャニ勉」が500回を迎えみんなも三十路となり
昔ほど動けないのでじっくりゲストの話を聞く形態に変えたと報告もしつつ
合間にしんちゃんがツアー中に気づかない間に
疲労骨折していたおもしろエピソードも挟みながら
真面目にマルが話してくれている。
ああそわそわする。

ジャニーズ事務所だから成功しているわけではない、
関ジャニは偉いわ、楽器もできて、などと
とにかく褒めてくださる上沼様。
周りに座るゲストの方にジャニーズ入る?と振るも
魔裟斗さんの時だけ「入ってこられたら入ってこられたで
ケンカとかしづらいです」ちゃんとマルも落としていい感じ。

だがとにかくひな壇に座るゲストの方も多いから
一人一人にお話聞いている間はマルも映らずで
物足りなさを感じていたら、息子の性教育に悩むユージに
「代表して丸山くんが」とマルに性教育問題に対する答えを
即したキンコン梶原氏。
聞きたいような聞きたくないような気持ちになり
お願いだからマジで回答しないでねと思っていると
顔を赤くしながら「どんなアイドルですか」と返すマル。

その日たまたまスタッフに初体験いつ?と聞いたら
13歳と聞いて驚いた、という驚愕的な話をして来たが
いやいやマルよ、あなた楽屋で何の話していたの?
たまたまスタッフに初体験いつ?って聞くタイミングある?
その話の前後には自らの話もあったでしょうに。ヒヤヒヤするわ。

だけどそうゆう時代になって来てるから
「あとは責任ですよね、自分でどうブレーキをかけられるか」
マジで回答しないで、と祈った割には
ものすごく真面目に回答してくれたことに惚れ惚れ。
ああ…こうゆう発言が出るところが
マルの真のアイドルたるところだと思うのよね。
ウィンク連発したり甘い言葉言うアイドルじゃなくて
精神的にアイドルとしての自覚を持ってると言うかさ。
それをまさか「えみちゃんねる」で
感じるとは思わなかったけどね。

上沼様の息子さんが友人グループに5000円をカツアゲされ
お母さん方にクレームに行ったら束になってあしらわれ
その数年後に参加したママさんバレー大会で再会したお母さん方に
実は息子たちがとってましたと謝ってこられたと言う話を
面白おかしく話されてすぐ後にマルのコメント用のパネルが
「少し黙っててもらえませんか?」と言うタイトルというで
「誰にゆうとんねん」と上沼様に叱られるというミラクルもあり。
マッサージしている時に話しかけられるのが苦手、という話だったが
この流れを引き寄せたマルはさすが持ってる。

見終わって編集どうしようかな〜なんて思っていたら
この番組をよく見ている母が「最後に挨拶してた?」と聞いて来たので
まだ何かあるのかと再生を続けたら
ひな壇から去って行くゲストの方々が映った。
どうやら母はこの部分を必ずチェックしているようで
「あ、マルちゃん、ちゃんと上の方の人にも挨拶してる、
あ、スタッフの方にもした!」
と嬉しそう。

どこを見とんねん。怖いわ。
だがここを映す番組にも何かしら意図を感じる。
収録終わりで気が抜けているタレントさんたちが
どうやってスタジオを去って行くかが見られるのは
お互いの関係性やお仕事に対するスタンスもわかるよね。

カメラに映るタイミングでそう見えることもあるだろうけれど
母曰く、サーっと出て行くゲストもいるそうで
上席に座っていたマルが最後までちゃんと挨拶しているのが
映っていたことに大変満足そうだった。

視聴者目線、おそるべし。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞