∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

蔦谷さんをおなじみだと感じてしまうことをお許しください

ゆずさん&蔦谷さんがゲストだったジャム。
エイターとしては厚かましいのかもしれないが
蔦谷さんがすっかりおなじみの方に感じられるのは
いいことなのだろうか。

いつもお話の内容もわかりやすく
何より手がけてこられた名曲の説得力もあり
とにかくすごい方なのだと思っている。
何度か出演して下さるうちに技術はマニアックだけれど
決して自分だけの世界に入り込むことなく
わかりやすい解説と名曲の楽しみ方を教えて下さるうちに
とうとうエイトの曲を作って下さるまでのご縁となった。

今回ゆずのお二人と並んだ蔦谷さんにも
「いつもの蔦谷さん」と思ってしまった自分が
大変厚かましく思ったのでつい冒頭で申し上げたが
最後のジャム前にこの流れでは「虹」をやるべきところ
蔦谷さんがゲストだった時にゆずさんがおられないのに
既にジャムってしまったことを詫びておられる様子が
とても可愛らしくて、ここでやっと本当に
蔦谷さんのことをエイトにとって「おなじみ」
だと言っても良いのではないかと思ったのだが
よいだろうか。

「虹」を「なぜ我々がいないところでやった?」という
ゆずさんの不平もありがたく
「しかも(ジャムが)良かった。やってくれてありがとう」
だなんてもうエイトにとって何より嬉しいお言葉でしたよ。
一緒にやりたかったけれど。

「虹」の出来上がる過程が公表され
「まるでパンイチで座っているかのよう」と恥ずかしがり
番組を珍しがって下さったゆずのお二人。
録音した足音をみんなで聞いた時に
「何の時間だこれ。これ、民放ですよね?」
驚いてくだされば驚いてくださると
つい見ている方も鼻高々になってしまった。

蔦谷さんとゆずのお二人の絆もうらやましいほど。
どんなアレンジがあってもゆるがないお二人の世界と
その世界を広げていこうとする気持ちを分かり合っている。
これがやりたいことをやっていると自負する
働き盛りの男たちの仕事なんだろうな。羨ましい。

そして聴いた「アゲイン2」。
なんとアップテンポで楽しく激しい曲なのでしょう。
声も音も全てが加減知らずでぶつかり合って気持ちがいい。
楽しそうで気持ち良さそうな姿を見るにつけ
本当に男ってやつはステキだなと思うわ。

蔦谷さんの編曲力に「その才能欲しい」と叫んだ
忠義さんも間違いなく爪痕を残した。
そして「虹」のデモを聞いてヤスが思わず
「ええ虹やなぁ」と呟いたのを聞き逃さず
嬉しそうに「ええ虹」と復唱してくださった
北川さんもスーパーグッジョブ。

はー。ゆずさんにもぜひまた曲を頂きたい。
最後も厚かましいとは思いつつも
すっかりお手振り曲となったT.W.Lを上塗りする
アゲイン2のような素敵な男たちの曲をぜひ…


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞