∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

そして夢見るピーターパンは全知全能の神ゼウスとなる

ヨコーーお誕生日おめでとう!!
先日から始まった舞台の会見がWSでも流れて
みんなから頼りにされる座長っぷりが頼もしく
ファンとしても嬉しい限りです。

しかしあまりの頼もしさに共演者からは
「ゼウス様」と呼ばれているとは
我がグループには天使(ヤス)が既に共存していたが
いよいよ神まで現れたとはありがたいことだわ。

ヨコが何かに例えられると思い出すのは
エイト内では「ピーターパン」と呼ばれていたこと。
年齢はすっかり大人なのに中身は子供で
いつまでも夢見がちだということだったけれど
今やそんなあだ名も思いつかないほどとなり
より責任感と自立心をもったステキな大人の男へと変身した。

ここ数年の飛躍は特に目を見張るものがあると思う。
30歳を過ぎて自分がどうなりたいか
どんな仕事をしていきたいかを考えて
しっかりとその方向へ進んでいるところなのかもしれない。
そんな時に歌って踊るジレッタに取り組めていることは
今後とても大きな意味を持ってくるとも思う。
(まだ舞台はみていないけど)

ずっとデビュー当時から誰よりも貪欲に
「売れたい」と思い、それを言葉にも出してきたヨコ。
今、ヨコはその当時からの夢が叶っていると
思えているのかな、と時々思うことがある。

誰かに聞かれれば「まだまだですよ」と答えているけれど
それはいつまでも満たされない向上心であって
漠然と「売れたい」と思っていた頃の自分を思い返して
あのころは若かったな、でもあのころがあったから
今もずっと夢がみられるんだな、と思えていればいいなと思う。

前にブログで言ったことがあるかもしれないけれど
大好きな漫画家成田美名子さんの作品の中で
「なりたい自分は自分の中に」ってセリフがあって
私自身も自分のことをこれでいいのかと不安になった時に
何度もこの言葉を思い出して救われてきたんだけど
ヨコもいつでもなりたい自分は自分の中にいて
「売れたい」ってガムシャラだった思いも含めて
今はただ自分が信じた道を進んでいけばいいのだと
自信を持って思ってくれているといいなと思う。

汗をいっぱいかきながら踊り歌い
うちの永遠のピーターパンはいつしか
全知全能の神、ゼウスになっていた。

神の次は何になってくれるのかしら。

これからも堂々とヨコらしくお仕事を積み重ねて
ヨコが望む「横山裕」になれますように。
いつまでもいつまでも応援し続けます。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞