∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

さだまさし様からエイトが歌う関白宣言をいただく光栄

亮ちゃん主演のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の主題歌が
さだまさし様が作詞作曲して下さる「奇跡の人」になった
という嬉しいニャースが入ってきた朝。
みなさま、おはようございす。
*ネットニュースコチラ

ジャムにゲストで来ていただいた時に
とても実りある時間を過ごさせていただき
さだ様の作詞作曲術に驚くエイトに喜ばれている様子に
そんなご縁もいつかあればよいな、とも思っておりました。

今回の名だたるアルバム曲提供アーティストの中にお名前がなく
さだ様くらいになるとすぐにはなかなかね、と思っていたら
まさかのドラマ主題歌でシングル。
しかも、エイトの直談判→亮ちゃんとお食事→
アンケートを作ってメンバーの考えも盛り込む→
「現代版の関白宣言」ともいうべき曲が誕生て流れが美しい。

しかもそれが「恋愛ソング」で「関西弁」って
どんだけ喜ばせてくれるの?
先日、ウルフルズさんのジャムゲストの回で
「関白宣言」を大阪弁に変換してソウルに歌い上げられたのを見て
エイトも歳を重ねた今、ぜひいい歌を
エイトらしい地域色でと思った矢先なので
嬉しくてたまりません。

歌詞はメンバーへのアンケートにより
彼らの「本音と建前」も表現されているとか。
イツマイみたいな男が惚れる女子力的なことも出てくるのかしら。
脂の乗った三十路アイドルであるエイトの
恋愛観や女子への理想が盛り込まれていて
それを彼らの方言である関西弁で歌うことが
ドラマの主題歌になるこのシチュエーションに酔いそうです。

前にも言ったけど、大阪の呪縛から逃れられずもがいて来たエイトが
あえて今関西弁で歌うというのは意味があって
きっと大きな武器になると思うのよね。
その地域色や方言がネタ以上になる歌の表現力は充分に備わったはず。

亮ちゃんがぜひフルで聞いて欲しいと言っているのも
きっとその歌がどこも端折ることなく聞いてこその
恋愛ソングになっているんだろうなと想像できる。
さだ様の歌って起承転結ある物語にもなっているもの。

さだ様、いただいたメッセージの通り
(アラフォー)ファンも一緒に歌います♪

ドラマタイトルよりも前向きな歌のタイトルも希望が持てるし
あーたーのーしーみーだーなー。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞